サッカー夏用インナーの機能、種類、選び方を徹底解説!

サッカー夏用インナー スポーツインナー

サッカーは前後半合わせて90分にわたって走り回るスポーツであるため、特に炎天下では、足がつったり熱中症を発症したりしないように対策することが重要です。その際におすすめなのが夏用のインナーです。

では、インナーを着用することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。また、どんなインナーの着用がルール上認められているのでしょうか。夏用のインナーを選ぶ際のポイントと合わせて詳しくご紹介します。

猫背

サッカーでインナーウェアを着る目的は何?

夏場のサッカーの練習や試合をする際に、インナーウェアを着る目的は、大きく分けて2つあります。1つは運動時のパフォーマンス向上させ、疲労の軽減につなげることです。もう1つが夏場の発汗対策です。それぞれについて詳しくみていきましょう。

運動のパフォーマンス向上

インナーウェアにはいろいろなタイプのものがありますが、着圧効果のあるインナーウェアを着ることで、適度に筋肉が圧迫され、運動時のパフォーマンスを向上させることが期待できます。

着圧があると動きにくいようなイメージをされるかもしれませんが、インナーウェアによって筋肉の収縮をサポートすることで、瞬間的な力を発揮しやすくなるメリットがあります。

【関連記事】サッカーインナーやスパッツの履き方は

サッカーインナースパッツ履き方下はパンツはかない?効果 選び方を紹介
スパッツを履いてプレーするサッカー選手を見かけることが多くなりました。 快適にサッカーができるのであれば、スパッツを履いてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 とはいえ「どんな効果があるのだろう?」「サッカー インナーパン...

快適性(特に夏の発汗対策)

夏場にインナーウェアを着用していないと、ユニフォームが汗で身体にまとわりつき、大変不快な思いをさせられますし、動作時に引っ掛かりが生じるケースもあります。

ユニフォームの下にアンダーウェアを着用することで、そのようなリスクを下げることが期待できます。

疲労軽減

着圧効果のあるインナーウェアを着ると、筋肉に対して適度な圧が加わることで、血行を促進することが可能となります。それによって、疲労物質を早く取り除き、疲労を軽減することが期待できます。

サッカー用のインナーの種類

サッカー用のインナーは、大きく分けて速乾性素材のインナー、ストレッチインナー、コンプレッションインナーの3つに分類できます。それぞれについて詳しくみていきましょう。

速乾性素材のインナー

速乾性素材のインナーは、汗を素早く吸収して乾かしてくれるため、特に夏場の利用がおすすめです。汗によるべたつきを気にすることなく、快適なサッカーが楽しめます。

ストレッチインナー

ストレッチインナーは伸縮性に富んでいることが特徴で、サッカーをする際のさまざまな動作を妨げることがありません。コンプレッションインナーほどの着圧はありませんが、圧迫感がないというメリットもあります。

コンプレッションインナー

近年人気のインナーとして、コンプレッションインナーの存在があげられます。ランニングブームにともない、ショートパンツの下に足首まで覆うコンプレッションインナーを履いている方も多く見かけるようになりました。

コンプレッションインナーにはさまざまな形や長さのものがあるため、サッカーをはじめいろいろなスポーツで利用されるようになってきています。

おすすめはコンプレッションインナー

サッカーをする際にインナーを利用するのであれば、コンプレッションインナーをおすすめします。コンプレッションインナーには適度な着圧効果があるため、運動時のパフォーマンスを向上させることが期待できます。

また、筋肉に対して適度な圧迫が加わることによって、血行を促進し、疲労を軽減することも可能となっています。冬場はコンプレッションインナーを着用することで、身体の冷えを予防することが可能です。

コンプレッションインナーの中には吸水速乾性のものもあるので、汗を多くかく夏場でも安心です。各メーカーからいろいろなコンプレッションインナーが販売されているので、お気に入りを見つけるのも楽しいものです。

サッカー夏用のインナーの選び方は吸水速乾性

スポーツをする際には、適度な圧迫効果のあるコンプレッションインナーがおすすめです。特に夏場の炎天下で行われるサッカーをするのでしたら、吸水速乾性のあるコンプレッションインナーを選びましょう。

サッカーは屋外でおこなわれる競技であり、基本的にはどのような天候でも試合が敢行されます。それでなくても日本の夏は猛烈に暑いので、サッカーをする場合には特に暑さ対策が重要となります。

そこでおすすめなのが、吸水速乾性のあるコンプレッションインナーです。汗が乾くときに、気化熱で体表から体温が奪われるため、熱中症の予防に繋げることが期待できます。

また、ユニフォームの下に吸水速乾性のあるコンプレッションインナーを着用することで、ユニフォームが肌にまとわりつくことを妨げ、快適にプレイすることができます。

ノースリーブインナー

夏用のサッカーインナーシャツのおすすめはノースリーブインナーです。

夏場、ユニフォームの下にインナーを着用する場合、ノースリーブインナーがおすすめです。長袖のインナーだと夏場の暑さをよりひどく感じますが、ノースリーブのインナーだとそのようなリスクがありません。

また、袖がないことで肩まわりや首の動きを妨げることがありません。サッカーは持久力を求められるスポーツなので、ノースリーブのインナーにして、少しでも無駄な動きを避けることがスタミナの維持につながります。

ハーフパンツインナー

夏用のサッカーのインナーパンツにおすすめはハーフパンツインナーです。

夏用のサッカーのインナーパンツには、ハーフパンツタイプのインナーがおすすめです。サッカーのパンツは膝上まである長いものが多いため、ハーフパンツインナーの場合、隠れて目立つことがありません。

また、ハーフパンツインナーだと太ももを広範囲でカバーしてくれるので、サッカーの際に重要となる大腿四頭筋(太ももの前側にある筋肉群)の働きをサポートしたり、膝のケガを予防したりする効果も期待できます。

サッカーユニフォーム規定の緩和でインナーも自由化

スポーツをする際、練習の場合はともかく、試合ともなるといろいろな規定があります。サッカーのユニフォームに関しても、公益社団法人日本サッカー協会によって細かくルールが定められています。

以前の規定では、「アンダーシャツは、ユニフォームの袖の種たる色と同じ」で、色も一色だけであることが求められました。もしくは、「シャツの袖の柄とまったく同じ色および柄」のシャツである必要がありました。

ショーツ(サッカーの試合で履くパンツ)の下に履くインナーパンツに関しても、「ショーツの種たる色」もしくは「ショーツの裾の部分の色」と同じ色にする必要がありました。

また、チーム内で異なる色のアンダーシャツやインナーパンツを利用することは禁じられており、チームの全員が同じ色、および柄のアンダーシャツ、インナーパンツを着用する規定がありました。

引用)旧規定
サッカー競技規則<第4条競技者の用具>
・袖のあるジャージーまたはシャツ――アンダーシャツを着用する場合、その袖の色は
ジャージーまたはシャツの袖の主たる色と同じでなければならない。
・ショーツ――アンダーショーツまたはタイツを着用する場合、その色はショーツの主
たる色と同じでなければならない。
・ストッキング――テープまたは同様な材質のものを外部に着用する場合、着用する部
分のストッキングの色と同じものでなければならない。

サッカーユニフォーム新規定2020年3月18日

2020年の3月18日に、サッカーのユニフォームおよびアンダーシャツ、インナーパンツに関する大幅な見直しがあり、以前のユニフォーム規定から、ユニフォームの運用に関する部分が削除されました。

また、ユニフォームの運用に関してだけではなく、競技中に着用するアンダーシャツやインナーパンツ、ソックステープの色に関しても、大会ごとに大会要項に明記することで、柔軟に運用することが可能となりました。

その結果、ユニフォームの下に着るアンダーシャツおよび、ショーツの下に履くインナーパンツに関しては、どのような色のものを着用してもOKとなりました。ただし、チーム内で同じ色にする必要はあります。

また、ソックステープなどの色に関しても、どのような色を用いてもOKとなりました。ゴールキーパーのショーツ、およびソックスに関しても。フィールドプレイヤーと同色のもので構わないとされています。

新規定
その結果、現行のユニフォーム規程からユニフォームの運用に関する部分を削除し、ユニフォームの運用だけでなく、競技規則であるアンダーウェアやソックステープの色についても、大会要項に明記することで運用緩和ができるようにすることに致しました。

2.各競技会のレベルに応じた選手の用具に関する運用緩和の内容
(1)ソックステープ等の色①ソックステープ等の色は問わない
(2)アンダーシャツ、アンダーショーツ、タイツの色
①アンダーシャツの色は問わない。原則、チーム内で同色のものを着用する。
②アンダーショーツおよびタイツの色は問わない。原則、チーム内で同色のものを着用する。

https://miyazaki-fa.net/referee/wp-content/uploads/sites/25/2020/03/ffaaf7c6b86f1ef37e31102e9d27dd75.pdf

規定が見直されたことで、ユニフォームごとに異なるアンダーシャツやインナーパンツを用意する必要がなくなり、選手にとっても大きなメリットとなっています。

まとめ

サッカーはどのような悪天候でも基本的に中止となることがありません。日本の酷暑の中で日中にサッカーをする場合、何よりも熱中症対策が重要となります。

そんな時におすすめのアイテムが夏用のインナーです。吸水速乾性のあるインナーを着用することで、汗を早く乾かし、快適にプレイすることが可能となります。

また、着圧効果のあるインナーを利用することで、運動時のパフォーマンスを向上させたり、ケガを予防したりすることも期待できます。夏こそインナーを利用することがおすすめです。

【関連記事】
スポーツインナー【メンズ】選び方とおすすめコンプレッションウェア10選

タイトルとURLをコピーしました