メンズ・スポーツインナー下(コンプレッション下着・パンツ)の効果的な選び方

メンズ・スポーツインナー下 スポーツインナー

アスリートはもちろんのこと、多くのスポーツ愛好家に人気のコンプレッションウェアですが、スポーツインナーパンツとして利用した場合、疲労を軽減する効果や、姿勢を安定させる効果が期待できます。

とはいうものの、いろいろなメーカーから、さまざまなタイプのコンプレッションウェアが販売されています。そこで、スポーツの種類や季節ごとにおすすめのスポーツインナーパンツと、その効果をご紹介します。

猫背

コンプレッションインナー下とは

コンプレッションウェアは、身体にフィットするタイプのスポーツウェアのことです。コンプレッションには「圧迫」という意味があり、身体を適度に圧迫するウェアを着ることでさまざまな効果が期待できます。

コンプレッションウェアには上下いろいろなタイプがありますが、インナーとして履くタイプのコンプレッションウェアを、特にコンプレッションインナーや、スポーツインナーパンツと呼ぶことがあります。

スポーツインナー下(パンツ)

下半身に特化したコンプレッションウェアであるスポーツインナーパンツは、スポーツ選手やランニング愛好家に人気のアイテムです。また、登山を趣味とする方の中にも、スポーツインナーパンツを履かれる方がいます。

皆さんも、ハーフパンツなどの下にスポーツインナーパンツを履いているランナーの姿を見かけたことがあるのではないでしょうか。では、スポーツインナーパンツを履くことで、どのような効果を得られるのでしょう。

 スポーツインナー下パンツの機能と効果

スポーツインナーパンツを履くと、骨盤周囲に適度な圧力がかかるため、運動時や坐位時の姿勢を安定させることが可能です。

また、骨盤の後ろへの傾きを防止することで、運動時のパフォーマンスを向上にもつながります。いろいろなタイプのパンツを使い分けることで、オールシーズン快適に運動が楽しめます。

効果①姿勢を安定させる

スポーツインナーパンツを履くと、骨盤まわりに適度な圧力が加わり、骨盤を起こすことが可能となります。骨盤が起きると、上半身を安定させることが可能となります。

また、骨盤まわりに圧力が加わることで、自然と「姿勢を良くしなくては」という意識が働くことにもつながります。そのため、運動時だけでなく、デスクワークの際にも役立ちます。

効果②パフォーマンスの向上

先ほど、スポーツインナーパンツを履くことで、骨盤を起こすことが可能だと説明しましたが、骨盤を起こすことによって、運動時のパフォーマンスの向上にもつながります。

アフリカ系のアスリートがスプリント能力に秀でているのは、他の民族に比べて骨盤が前傾しているためです。スポーツインナーパンツによって骨盤の後傾を改善すると、パフォーマンスの向上につながるのです。

効果③体温調節効果

スポーツインナーパンツには、吸汗速乾性のある素材や、接触冷感性のある素材など、いろいろなタイプのパンツがあります。

そのため、季節によってインナーパンツを使い分けることで、体温を調節することが可能となります。夏場は速乾性のあるパンツを利用し、冬場は保温性のあるパンツを利用することがおすすめです。

スポーツインナー下パンツの種類

スポーツインナーパンツは、大きく分けてロングタイプとハーフタイプ、そしてショートタープの3タイプに分けられます。ロングタイプはランナーがよく履かれているので、ご存知の方もいらっしゃることでしょう。

ハーフタイプのインナーパンツは、バスケットボールプレイヤーなどがユニフォームの下に履くケースが多いです。ショートタイプはメンズのスポーツ下着として履かれるケースが多いです。

ロング(スパッツ・レギンス) コンプレッションウェア パンツ

ロングタイプのインナーパンツには、スパッツやレギンスといったタイプがあります。街中で見かけるランニング愛好家がよく履かれているので、見たことがある方もいらっしゃることでしょう。

スポーツインナーとしてもっともポピュラーなタイプで、ランニング時の姿勢を安定させたり、疲労を軽減したりする効果が期待されています。下着を付けるケースと付けないケースがあります。

ハーフタイプ :コンプレッションウェア パンツ

ハーフタイプのスポーツインナーパンツは、バスケットボールなどのユニフォームの下に履くケースが多いです。バスケットボールをされる方には、パワータイツと呼ばれることもあります。

バスケットボールをすると膝に大きな負担がかかりますが、ユニフォームの下にサポート効果のあるスポーツインナーパンツを履くことで、膝にかかる負担を軽減することが期待できます。

 ショート スポーツ下着メンズ

ショートタイプのスポーツインナーパンツは、メンズのスポーツ下着として利用されるケースが多いです。骨盤から太ももの上部を圧迫する作用があります。

サッカーやバスケットボールなど、切り返しの多いスポーツをおこなう時にかかる股関節への負担を軽減する効果が期待されています。

スポーツインナー【下】パンツの選び方

コンプレッションウェアにはいろいろなタイプがありますが、特にスポーツインナーパンツとして利用する場合、スポーツの種類や季節に応じて使い分けることがポイントです。

コンプレッションウェアは下着として利用することも可能ですし、下着の上から着用することもできます。そこで、スポーツインナーパンツの選び方をご紹介します。

スポーツで選ぶ

スポーツインナーパンツとしてコンプレッションウェアの下を選ぶ場合、その長さと特性を考慮することがおすすめです。

どのタイプのスポーツインナーパンツを選んだとしても運動の邪魔になることはありませんが、コーディネートに合わせて、スポーツインナーパンツを選ぶとよいでしょう。

① ランニング・ヨガなど(スパッツタイプ)

ランニングやヨガをおこなう場合、スパッツタイプのコンプレッションウェアやインナーパンツがおすすめです。ランニングのような持続的な運動をする場合、疲労を軽減することが期待できます。

また、下半身全体に圧が加わることで、血行を促進すること可能となります。そのため、ヨガをおこなう時などにもおすすめです。

② 野球・サッカー・フットサル・バスケットボールなど(ハーフタイプ)

野球やバスケットボール、サッカー、フットサルなどをおこなう場合、ハーフタイプのインナーパンツがおすすめです。メンズのスポーツ下着としても最適です。

太ももをしっかりと圧迫することで、瞬発的な力を発揮したり、膝にかかる負担を軽減したりすることが期待できます。ユニフォームの下に隠れて目立たない点もおすすめポイントです。

③ ゴルフ・テニス・登山(ショートタイプ)

ゴルフやテニス、登山をする場合、ショートタイプのコンプレッションウェアがおすすめです。特にスカートを履いておこなうゴルフやテニスの場合、アンダースコート(下着)として利用することも可能です。

ゴルフやテニス、登山のような股関節に大きな負担がかかる運動をする場合、骨盤周囲のサポートに特化したショートタイプのインナーパンツがおすすめです。

冬と夏で求める機能で選ぶ

コンプレッションウェアには、いろいろな素材で作られたものがあります。そのため、冬場と夏場でコンプレッションウェアを使い分けることで、オールシーズン快適に運動を楽しむことが可能です。

冬 コンプレッションウェア パンツ

足元から冷える冬場には、スパッツタイプやレギンスタイプのコンプレッションウェアを選び、身体を冷やさないことが重要です。インナーの下に、さらに保温性のあるパンツをはくこともおすすめです。

ただし、冬場に運動をして汗をかくと、汗が乾いた際に身体を冷やすことにつながりかねません。そのため、速乾性のあるインナーパンツを選ぶとよいでしょう。

夏 スポーツ下着メンズ

大量に汗をかく夏場には、吸汗速乾性のあるインナーパンツや、通気性の高いインナーパンツがおすすめです。メンズの場合は、スポーツ下着タイプのパンツを選ぶのもよいでしょう。

また、スポーツインナーの中には、履いたときにヒヤッとした感じがする素材で作られたものもあるので、素材をよくみてインナーパンツを選びましょう。

まとめ

運動するときにスポーツインナーパンツを利用することで、運動時のパフォーマンスを向上させたり、ケガを予防したり、体温を調節したりすることが期待できます。

冬場にはスパッツタイプやレギンスタイプのインナーパンツで身体を冷やさないようにし、夏場にはショートタイプやメンズの下着タイプのパンツで、汗対策するとよいでしょう。

見た目もおしゃれなインナーパンツを履くことで、運動時のモチベーションアップにもつながりますよ。

タイトルとURLをコピーしました