運転が疲れる理由と腰や肩こり・目と精神的な疲れ対策

運転が疲れる理由

記事の内容
1. 車の運転が疲れる理由
2. 車の運転疲れ対策
3. 運転疲れを翌日に持ち越さないために

記事の内容から序文を作成してください

「車を運転していると腰や肩が疲れる」

「運転を終えて車を降りると、ドッと精神的疲労を感じる」

そんなお悩みをお持ちの方は多いようです。

車の運転中はシートに座っているだけなのに、なぜ疲れてしまうのでしょうか。

こちらの記事では、車の運転が疲れる理由や、運転疲れ対策法について解説しています。

運転疲れを翌日に持ち越さないためにも、原因を知って対策を立てましょう。

目次

車の運転が疲れる理由はなぜ

運転疲れる

運転疲れる

車の運転 疲れる 理由はなぜ?

大手カーリース会社の調査によると、「車の運転で疲れることがある」と答えた方の割合は、およそ87%と非常に高くなっています。

車の運転は激しい運動という訳ではないのに、なぜこれほど多くの方が運転疲れを感じるのでしょうか。

その理由としては、車の運転中にさまざまな情報を、瞬時にして判断しなければいけない点があげられます。

例えば交差点で左折する場合、対向車両や歩行者に注意しながら、曲がった先の駐車車両などにも気を付ける必要があります。

また、ハンドルを切ったり、アクセルやブレーキを踏んだり、ウィンカーを出したりといった動作を同時進行でおこなう必要もあります。

一見すると座っているだけで楽なように思える車の運転ですが、ドライバーは身体と脳を一時も休めることができないのです。

そのため、運転時間が長くなればなるほど、身体的・精神的疲労が蓄積する結果となります。

運転疲れ①腰や肩の疲れ

腰痛が楽になる【はく腰サポーター】

480猫背 詳しくはこちら

運転疲れ①腰や肩の疲れ

運転疲れで多いのが腰や肩の疲れ

車を運転しているときに疲れる代表的な場所が腰や肩です。

腰や肩が疲れる理由としては、主に次のような点があげられます。

車の運転 疲れる理由

  1. 運転中の姿勢がよくない
  2. 休憩をとっていない
  3. 運転に慣れていない

それぞれについて見ていきましょう。

運転中の姿勢がよくない

車の運転が疲れる理由として、運転中の不良姿勢があげられます。

猫背気味になっていると肩がこりやすくなりますし、シートにふんぞり返っていると腰を痛めやすくなります。

また、シートの位置や角度が適切ではない場合も、腰や肩にかかる負担が大きくなるでしょう。

休憩をとっていない

運転中に腰や肩が疲れる理由としては、休憩を適切にとっていないこともあげられます。

「疲れたら休もう」

と考えるドライバーは多いのですが、このような考えでいるとついつい無理をしてしまいがちです。

その結果、腰や肩の疲労を招いてしまいます。

運転に慣れていない

運転に慣れていないことも、腰や肩が疲れる理由の1つです。

休みの日にしか車を出さない方や初心者の場合、どうしても運転中に肩へと力が入ってしまいます。

また、休憩をとるタイミングがよく分からず、長時間運転を続けてしまい、腰の疲れを招くことも少なくありません。

腰や肩の疲れ対策

運転中に腰や肩が疲れる場合、次のような対策をおこなうのがおすすめです。

  1. シートの位置や角度を調節する
  2.  時間を決めて休憩する
  3. 運転できる人と交替する

それぞれについて解説します。

シートの位置を調節する

運転中に腰や肩が疲れる原因の1つが、正しくないシートの位置です。

とくに腕や足が伸びきった姿勢になると、腰や肩へとかかる負担が増大する傾向にあります。

そのため、シートの前後位置を調節し、腕や足に「遊び」を作っておくことが重要です。

また、シートバックに背中を預け、リラックスした状態で運転するよう心がけましょう。

時間を決めて休憩する

運転中の腰や肩の疲れを予防するためには、時間を決めて休憩することも重要です。

「疲れたら休もう」と考えていると、どうしても休憩の回数が減る傾向にあります。

疲れを感じずに連続して運転できるのは、せいぜい2時間程度とされています。

長距離を運転するときには、2時間に1度は休憩をとれるよう、前もって計画しておきましょう。

運転できる人と交替する

たまにしか車を出さない方や初心者の場合、運転できる同乗者と交替するのもおすすめです。

とくに長距離を移動する場合、後退しながら運転することで、疲労の蓄積を軽減することが期待できます。

運転疲れ②目の疲れ

運転疲れ②目の疲れ

運転疲れは目の疲れからも

車を運転している方に伺うと、目が疲れるというケースも少なくありません。

車の運転で目が疲れる理由としては、次のような点があげられます。

  • 目を休める暇がない
  • 瞬きの回数が減る
  • エアコンで目が乾燥する
  • トンネルで目にかかる負担が増する

それぞれについて見ていきましょう。

目を休める暇がない

車の運転で目が疲れる最大の理由が、目を休める暇がないことです。

車を運転しているときは、常に周囲の状況に目を配らなければなりません。

そのため、運転時間が伸びるにつれ、疲労が目に蓄積するのです。

瞬きの回数が減る

車の運転で目が疲れる理由としては、瞬きの回数が減ることもあげられます。

瞬きの回数が減ると、目が乾燥して疲れやすくことは、デスクワーカーの方ならご存じのことでしょう。

車の運転に集中しているときも瞬きの回数が減る傾向にあるため、目が疲れやすくなるのです。

エアコンで目が乾燥する

エアコンによる乾燥も、車の運転で目が疲れる理由の1つです。

それでなくても、車の運転中は瞬きの回数が減るため、目が乾燥しやすくなっています。

そこにエアコンの乾燥がプラスされると、余計に目が疲れる結果となるのです。

トンネルでの目にかかる負担

車の運転で目が疲れる理由としては、トンネルを出たり入ったりするときの目にかかる負担もあげられます。

急に暗くなったり明るくなったりすると、早く目を慣らそうとするため、大きな負担がかかります。

そのため、トンネルが多い道路を走っていると、目が疲れやすくなるのです。

目の疲れ対策

車を運転しているときに目が疲れる場合、次のような対策をおこなうのがおすすめです。

  • 休憩をとって目を休める
  • 目薬を利用する
  • エアコンの風向きを調整する
  • サングラスを利用する

それぞれについて解説します。

休憩をとって目を休める

車の運転にともなう目の疲れ対策としては、休憩をとって目を休めることがあげられます。

安全な場所で車を止め、目頭を軽く温めたり、マッサージしたりするのも効果的です。

目薬を利用する

車の運転で目が疲れる場合、目薬を利用する方法もあります。

運転中に目の渇きを感じたり、しきりに瞬きするようになったりした場合、目薬で乾燥を予防するとよいでしょう。

エアコンの風向きを調整する

乾燥によって目の疲労が起こっている場合、エアコンの風向きを調整してみましょう。

エアコンの風が直接顔に当たらないようにすると、目の乾燥を少しは軽減することが期待できます。

サングラスを利用する

車の運転で目が疲れる場合、サングラスを利用するのもよいでしょう。

とくに明るい日中に運転する場合や、トンネルが多い道路を利用する場合、サングラスで紫外線から目を守ることが重要です。

掛けたり外したりするのが面倒な方には、色の薄い偏光サングラスがおすすめです。

運転疲れ③精神的

運転疲れ③精神的

運転疲れは精神的な疲れからも

車を運転していると、精神的な疲れが蓄積するケースも少なくありません。

先進的な疲れが蓄積する理由としては、次のような点があげられます。

 事故を起こさないよう気が抜けないため
 同乗者の安全を気遣うため
 時間に余裕がないため

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

事故を起こさないよう気が抜けないため

車の運転で精神的につかれる最大の理由が、事故を起こさないよう気が抜けないためです。

車は移動手段としてとても便利なアイテムですが、一歩間違えると危険な凶器となりかねません。

そのため、車を運転している間は一時も気を抜くことができず、精神的に疲れてしまうのです。

同乗者の安全を気遣うため

車に同乗者がいる場合、安全を気遣いながら運転する必要があります。

そのため、自分1人でいるときよりも精神的に疲れる可能性が高くなります。

時間に余裕がないため

何らかの事情で時間に追われていると、疲れたときに休むことができず、身体的・精神的疲労が蓄積してしまいます。

渋滞に巻き込まれるなどした場合、イライラして余計に精神的疲労がたまる結果となりかねません。

精神的な疲れ対策

車の運転にともなう精神的な疲れを避けるためには、次のような点を意識するとよいでしょう。

 疲れる前に休憩してリフレッシュする
 余裕をもってスケジュールを組む
 車内環境を快適に保つ

それぞれについて解説します。

疲れる前に休憩してリフレッシュする

車の運転にともなう精神的な疲れを避けるためには、疲れる前に休憩をとり、リフレッシュすることが重要です。

大人が連続して集中力を保てる時間は、一般的に50分が限界とされています。

精神的な疲れを回避するためには、1時間に1回程度の休憩をとり、リフレッシュすることがおすすめです。

余裕をもってスケジュールを組む

余裕をもってスケジュールを組むことも、車の運転にともなう精神的な疲れを避ける方法の1つです。

スケジュールに余裕がないと、休憩をとる時間が惜しくなったり、渋滞に巻き込まれたときにイライラしたりしてしまいます。

そのため、事前に余裕のあるスケジュールを組むよう心がけましょう。

車内環境を快適に保つ

車の運転にともなう精神的な疲れを避けるためには、車内の環境を良好に保つことも重要です。

渋滞でイライラするようであれば、お気に入りの音楽をかけるなど工夫するとよいでしょう。

運転疲れを翌日に持ち越さないために

休憩時間の取り方などいくつかあげて説明

車を運転していると、腰や肩だけでなく、目の疲れや精神的疲労のリスクも高くなります。

そのため、普段から次のようなことを意識して、運転疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。

 運転する時間に合わせて適切な休憩をとる
 経路や休憩場所を事前に確認しておく
 骨盤クッションなどを利用する

それぞれについて解説します。

運転する時間に合わせて適切な休憩をとる

運転疲れを翌日に持ち越さないためには、運転する時間に合わせて適切な休憩をとることが重要です。

長距離を運転するのであれば、最低でも2時間に1回は休憩を挟むようにしましょう。

精神的に疲れやすい状態であれば、1時間に1回程度の休憩を挟むのがおすすめです。

経路や休憩場所を事前に確認しておく

運転疲れを翌日に持ち越さないためには、あらかじめ経路や休憩場所を確認しておくのがおすすめです。

カーナビ任せにせず自分で調べておけば、快適なドライビングを楽しむことが可能です。

気分よく車を運転できれば、身体的・精神的疲労を軽減することにつながるでしょう。

骨盤クッションなどを利用する

運転疲れを翌日に持ち越さないためには、骨盤クッションなどを利用する方法もあります。

骨盤クッションで運転中の良好な姿勢を保つと、腰や肩にかかる負担を軽減することが期待できます。

骨盤クッションがない場合は、丸めたバスタオルや座布団などを、背中とシートの間に挟んでもよいでしょう。

まとめ

車の運転をしていると、腰や肩、目といった身体の疲れだけでなく、精神的疲労が蓄積することも珍しくありません。

運転疲れを翌日に持ち越さないためには、適切な休憩をとり、心身共にリフレッシュするようこころがけましょう。

長距離を運転するときには、経路や休憩場所を事前に調べておき、時間に余裕を持ったスケジュールを組むことも重要です。

車を運転するとどうしても腰や肩が疲れるという方は、骨盤クッションなどのグッズを利用することも検討してみましょう。

車の運転腰が楽に 整体パンツNEW ZERO
腰痛、猫背、反り腰、ぽっこりお腹、姿勢の改善に
整体パンツNEW ZERO 整体ショーツNEO+

480猫背

整体ショーツNEO+
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次