朝ウォーキングの効果!ダイエットにおすすめ3つの理由と早朝の注意点

朝ウォーキングで痩せた
⇒骨盤サポートでウォーキングやランニングを楽にそして効果的に!

朝ウォーキング痩せた!朝がおすすめの理由とは

ウォーキングは脂肪燃焼効果が高い有酸素運動です。続けることで内臓脂肪や皮下脂肪が少しずつ減りウエストスッキリのダイエットに効果的だといわれています。
特に『朝のウォーキングで痩せた』という声を聞きますが、こちらの記事では朝の散歩はダイエットに効果的な理由と痩せるポイント注意点をご紹介しています。

  1.  ウォーキングは早朝がおすすめ、その理由
  2.  朝の散歩で痩せた!そのポイントは?
  3. 効果的な朝ウォーキングのやり方と注意点

ぜひ読んでいただき朝のウォーキングに役立ててください。

目次

朝ウォーキングがダイエットにおすすめ3つの理由

ウォーキング自体の脂肪燃焼の効果があることは知られていますが、ではなぜ夜ではなく朝が効果的なのでしょうか。

朝のウォーキングで痩せやすい主な理由は以下の3つになります。

  1. 脂肪燃焼に最適な時間帯である
  2. 快適な生活のリズムをつくる習慣に繋がりやすい
  3. セロトニンで脳が活性化されメンタル面でも効果的

朝のウォーキングのメリットは「ダイエットに最適な時間帯」「習慣化や生活リズムを整える」といった効果があります。

脂肪燃焼に最適は朝のウォーキング

ウォーキングは朝・昼・夜・いつやるのが脂肪燃焼に効果的なのでしょうか?

ズバリ朝の時間にウォーキングすると痩せやすいといえます。

朝まだ食事を摂る前は胃の中が空っぽに近くカラダは糖質が不足した状態です。通常は体内で消化される糖質を燃焼させてエネルギー化しますが、胃の中が空っぽで糖質が不足した状態だと蓄積された脂肪を燃焼させてエネルギーに変えます。

つまり胃の中が空っぽで糖質が不足している朝は蓄積された脂肪が燃焼されやすい時間なのです。

なので朝の時間帯のウォーキングがダイエットに効果的なのです。

快適な生活のリズムをつくる習慣

有酸素運動であるウォーキングダイエットは継続必要です。三日坊主では効果はありません。

その継続のためのウォーキングの習慣化は非常に大切です。

一日の始まりの朝の時間にウォーキングを取り入れることで生活のリズムを作り、習慣化しやすい環境を作ることが可能です。ダイエットを考えている人は朝のウォーキングを日課に組み込みましょう。

また習慣化にはスマホのアプリを使って距離や・時間・消費カロリーを見える化することも継続モチベーションをあげるうえで有効です。

朝ウォーキングはメンタル面でもダイエットにおすすめ

肥満やリバウンドの原因のひとつにストレスがあります。
無理なダイエットも精神的なストレスを発生させリバウンドの原因になってしまうことがあります。

朝のウォーキングがストレス軽減に役立つ理由は脳内の神経伝達物質セロトニンの関係があります。

セロトニン日光を浴びることで活性化されます。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内の神経伝達物質で血管の緊張を緩和したり精神の安定や安心感や平常心を保ったり脳を活発に働かせる作用があります。

朝のウォーキングでセロトニンを活性化させストレスやメンタル面の不調を防ぎ生活のリズムを整えることはダイエットにも非常に大切なことです。

朝ウォーキング時間はどれくらい

朝ウォーキング時間はどれくらいの長さが良いのでしょうか?

朝のウォーキングの時間は疲労を残さない30分程度で十分に効果があります。要は継続することおなのであまり負荷が高い時間も考えものです。
慣れていないうちは10分程度から始めてみましょう。
無理のない時間と距離でまずは習慣化してしまうことです。

効果的な朝ウォーキングのやり方3つのポイント

腰痛が楽になる【はく腰サポーター】

480猫背 詳しくはこちら

さて、朝のウォーキングがダイエットに効果的であることがわかったので早速取り掛かりたい方も多いと思います。ここでは更にダイエット効果をあげるための朝ウォーキングのやり方をご紹介します。

  1.  カラダが硬い起床後はウォーミングアップを取り入れる
  2. ウォーキング前に水分を補給する
  3.  正しいフォームでカラダか疲れない軽めのウォーキング

効果的な朝ウォーキングのやり方をご紹介します。

①起床後にウォーミングアップを取り入れよう

寝起き直後は筋肉や関節が硬い状態になります。カラダへの負荷が低いウォーキングですがカラダが硬い状態のままでは関節の怪我や腰痛などの原因になることも。
朝のウォーキング前の身支度中にカラダを温めたりストレッチをおこなったりして硬い体を十分に温めてからおこないましょう。

②水分の補給を十分に

睡眠中は発汗などでカラダの水分が不足してしまいがちです。水分が不足したカラダは血液もドロドロになり
脱水症状を起こしやすくなります。
ウォーキングの前にコップ1杯の水か寒い冬であれば白湯を飲んで水分を補ってから始めるのがおすすめです。

③正しいフォームで軽めのウォーキングを

まずは正しい姿勢から。
身体をまっすぐにして腹筋を意識しながら歩きましょう。
お腹まわり全体の筋力アップにつながり引き締まったウエストになります。

足の着地は踵から着地して足裏、つま先へと重心を移動させます。つま先で地面を押すような意識で歩きます。

腕は足と連動させながらしっかりと振ります。

ウォーキング後はシャワーを浴びて汗を流してリフレッシュしましょう。

正しい姿勢と歩き方のフォームで疲れない程度に時間を調整するのがコツです。

朝食はウォーキングの前と後どっち?

ダイエットを目的とした朝のウォーキングではウォーキング後に朝食を摂ることがおすすめです。
糖質が補給されない状態でのウォーキングは脂質をエネルギーに使います。

この状態にカラダが慣れることで安静時や運動時にも脂質をエネルギーとして利用しやすい痩せやすい身体になってゆきます。

食事はウォーキングが終わってから
筋肉のもとになるタンパク質や代謝に必要なビタミン・ミネラルなども一緒に補いましょう。

早朝ウォーキングの注意点

早朝ウォーキングの注意点として高血圧の人があります。

血圧が高い人は朝の早い時間は避けたほうが賢明といえます。

朝起きてしばらくは血圧が上昇していく時間帯です。特に寒い冬場の早朝は血管が収縮していて急な運動を始めると脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすい状態です。
血圧が高い人はこのようなリスクがある早朝のウォーキングは避けたほうが良いでしょう。

どうしても早朝のウォーキングをする場合は運動前にストレッチや身支度で体を動かして起床後1時間ほど経過してから始めましょう。

まとめ)朝活ウォーキングのすすめ

胃が空っぽの朝の時間帯は糖質が不足していることで体脂肪をエネルギーに変えやすいためダイエットに最適な時間帯です。ちょっとだけ早起きして朝の時間を活用して少しずつでもウォーキングを続けてみましょう。

ウォーミングアップを入念におこない正しいフォームであるきましょう。
習慣化すれば効果は現れてくるはずです。

また、寒い早朝は血圧の急上昇に注意するとともに薄暗い早朝は車との事故対策として明るい色の服や反射材をつけて歩くのがおすすめです。

腰痛、猫背、反り腰、ぽっこりお腹、姿勢の改善に
整体パンツNEW ZERO 整体ショーツNEO+

480猫背

整体ショーツNEO+
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次