骨盤ベルトでウォーキングダイエット効果!デメリットや注意点も

骨盤ベルトでウォーキングダイエット効果
ウォーキングダイエットにおすすめ!
\整体の先生が開発したスポーツショーツ/
整体ショーツSPORTS詳しくはこちら⇒

「テレワークにともなう運動不足で体重が増加した」

「下半身が太く見えるのでダイエットしたい」

…そんな方におすすめの運動が、骨盤ベルトを利用したウォーキングです。

ダイエットを成功させるためには、「消費カロリー>摂取カロリー」にするのが原則ですよね。

そして、手軽に消費カロリーをアップする方法の1つがウォーキングなのです。

ただし、ウォーキングでダイエットを成功させるには、正しい歩き方がポイントとなります。

  • 「ウォーキングをしても痩せない」
  • 「効果的に運動できている気がしない」
  • 「歩いているとすぐに疲れる」そのような方は、正しい歩き方を身に付け、運動効率を上げるため、骨盤ベルトを使ってみてはいかがでしょうか。

今回の記事では、ウォーキングのときに骨盤ベルトを着用する効果とデメリットをご紹介しています。

目次

ウォーキングの効果

ダイエットをするときにもっとも手軽な方法の1つが、誰でも簡単に始められるウォーキングです。

日常的にウォーキングをおこなった場合、主に次の3つの効果が期待できます。

① ダイエット効果
② 筋力の強化
③ ストレス軽減

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

① ダイエット効果

ウォーキングに期待できる効果の1つとして、ダイエット効果が挙げられます。

運動にはいくつかの種類がありますが、ウォーキングは有酸素運動に分類されます。

有酸素運動は筋肉に軽度から中等度の負荷をかける運動です。

有酸素運動をおこなった場合、開始からしばらくして体脂肪の燃焼が起こり始めます。

また、ウォーキングを継続すると、基礎代謝の向上にもつながります。

継続的なウォーキングで体重を減らしやすいのはそのためです。

② 筋力の強化

ウォーキングには筋力を強化する効果も期待されています。

ウォーキングといった場合、足を鍛えるイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

実は、歩くときに私たちは全身の8割もの筋肉を使っているのです。まさにウォーキングは、理想的な全身運動と言えるのです。

ぞのような運動を続けると、全身の筋力を強化する結果につながります。

③ ストレス軽減

ウォーキングにはストレスを軽減する効果も期待されています。

ストレスは万病のもとと考えられており、蓄積すると私たちの心身にさまざまなトラブルを招きかねません。

例えば、ストレス状態が続くと、腰痛や頭痛の発症リスクを増すと分かってきています。適度に身体を動かすとストレスの軽減につながると考えられいます。

そして、ウォーキングはストレスを軽減する、もっとも簡単な手段の1つなのです。

ウォーキングのデメリット

腰痛が楽になる【はく腰サポーター】

480猫背 詳しくはこちら

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 無理に歩きすぎるとひざや足を痛める可能性がある
  • 疲れがたまると免疫力が低下することも

このようなウォーキングのデメリット解消にも正しい歩き方を身に着けることは大切です。

ウォーキングダイエットは正しい歩き方が必須

ウォーキングにはさまざまな健康効果が期待されており、継続するとダイエットを成功させるのも夢ではありません。

ただし、ウォーキングで痩せるためには、ただやみくもに長い距離を歩けばよいわけではありません。実際、「ウォーキングをしているのに痩せない」といった方は多いのではないでしょうか。

ウォーキングを頑張っている割にダイエット効果が得られない方には、

  1. 歩幅の狭さ
  2. 姿勢の悪さ

が見受けられます。

ウォーキングのときに歩幅が狭いと、足の筋肉が十分に使われなくなります。その結果、基礎代謝の向上につながらず、なかなか体重が減らないといった結果になってしまうのです。

また、ウォーキングの姿勢が悪いと、偏った筋肉の使い方となり、「見た目太り」のリスクが高くなってしまいます。

そのような歩幅の狭さや姿勢の悪さは、骨盤のゆがみが原因となって引き起こされるケースが少なくありません。

次項以下で、正しいウォーキングのポイントおよび、骨盤のゆがみを直す骨盤ベルトについて見ていきましょう。

ウォーキングのポイント

ウォーキングで代謝をアップさせ、ダイエットを成功させるためには、正しい歩き方を身に付けるのが欠かせません。

正しい歩き方を身に付けるためには、ウォーキングをするときの骨盤が重要なポイントとなります。

そこで、正しいウォーキングのポイントをピックアップして3つご紹介します。

1.歩き方

ウォーキングは歩く動作で代謝を促す運動ですが、ただ足を動かせばよいわけではありません。

ポイントは、「脚をみぞおちから動かすようなイメージを持つ」点です。骨盤を正面に向け、腰から前に出すイメージで、滑らかに歩くよう意識してみましょう。

また、つま先でしっかりと地面を蹴り、かかとから着地するのもポイントです。つま先でしっかりと蹴りだし、かかとから地面につくと、自然と歩幅が広くなります。

そのためには、太ももの前面にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の柔軟性も求められます。

2.姿勢

正しいウォーキングのポイントとしては、骨盤をまっすぐ立てた姿勢も挙げられます。

ウォーキングで腰痛になる人は、骨盤が後ろに傾き、重心バランスが乱れている傾向にあります。そのような方は、腕を前後にしっかりと振り、体幹を安定させるよう意識してみましょう。

骨盤を立てて体幹が安定すれば、腰痛のリスクを下げるだけでなく、お腹まわりを引き締めやすくなりますよ。

3.呼吸

ウォーキングをする場合、呼吸も意識してみましょう。

ポイントは「2回吐いて、1回吸う」点です。

呼吸が浅くなると、背中が丸くなり、運動効果が減少するため注意しましょう。

骨盤の歪みを治す骨盤ベルト

ウォーキング時の正しい姿勢を実現するには、骨盤ベルトの着用もおすすめです。

骨盤ベルトとはもともと、腰にかかる負担を減らす目的で使われる、腰痛対策グッズの1つとして知られています。適度な締め付けで動きが制限されると、腰痛を引き起こす動作を予防できるからです。

しかし、最近では骨盤ベルトの締め付けが、運動をするときにも有効であると分かってきています。ウォーキングのときにベルトを使った場合、骨盤を起こした正しい姿勢を実現しやすくなるからです。

骨盤ベルトをしてウォーキングをする効果は

骨盤ベルトをしてウォーキングをおこなった場合、次のような効果が期待できます。

・正しい歩き方を身に付ける効果
・運動効率を高める効果
・腰痛の予防効果
・疲労軽減効果

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

正しい歩き方を身に付ける効果

骨盤ベルトをしてウォーキングをおこなった場合、正しい歩き方を身に付けやすくなります。

ベルトによって歩行時も骨盤が矯正されるため、自然と正しい姿勢を続けるようになるからです。

運動効率を高める効果

骨盤ベルトをしてウォーキングをおこなった場合、運動効率を高める効果も期待できます。

骨盤が矯正されると歩幅が大きくなるため、同じ時間歩いていても、消費カロリーアップにつながるからです。

また、ウォーキングによって筋力がアップすれば、基礎代謝が向上し、痩せやすい体質になる結果も期待できます。

腰痛の予防効果

腰痛の予防効果も、骨盤ベルトには期待されています。

もともと骨盤ベルトは腰痛対策グッズの1つであり、腰にかかる負担を軽減する目的があります。

歩いていると腰が痛くなる方にも、腰痛ベルトはおすすめと言えるでしょう。

疲労軽減効果

骨盤ベルトによる締め付けには、筋肉の働きをサポートする効果も期待されています。

締め付けが筋肉の収縮を手助けするため、長時間のウォーキングでも疲れにくくなります。

骨盤ベルトのデメリット

ウォーキングをする場合、骨盤ベルトの着用が効果的とされるケースが少なくありません。

ただし、骨盤ベルトには次のようなデメリットがある点も知っておきましょう。

動きにくい

骨盤ベルトの最大のデメリットが、動きにくいといった点です。

骨盤ベルトはもともと、腰痛の改善・予防目的で作られた経緯があります。腰や骨盤の動きを制限すると、腰痛を引き起こす動作の抑制につながります。

つまり、骨盤ベルトは安静用とも言えるのです。

そのため、ウォーキングのときに骨盤ベルトを着用した場合、動きにくいといった問題を生じる可能性があります。

また、寝返りが打ちにくくなるため、寝るときの着用は推奨されていません。

ズレやすい

骨盤ベルトのデメリットとしては、ズレやすい点も挙げられます。

もともと安静を目的として作られた骨盤ベルトは、腰まわりや骨盤を強く締め付けるのが一般的です。その分だけ、運動をしたときにズレやすいのです。

また、締め付けがきついと血行不良を招くため、長時間付けていられない点も問題点となる可能性があります。

筋力の低下につながりかねない

筋力の低下につながる可能性がある点も、骨盤ベルトのデメリットと言えるかもしれません。

先述した通り、骨盤ベルトの締め付けには筋肉の収縮をサポートする働きがあります。

ただ、ベルトのサポート機能に頼りっきりになってしまうと、筋力が低下するリスクも否定できないのです。

ウォーキングは履く骨盤ベルトがおすすめ

骨盤ベルトのデメリットをカバーする履く骨盤ベルト

  1. 伸縮性が高く動きやすいのにしっかり骨盤サポート
  2. 24時間寝るときも履ける
  3. 激しいスポーツの動きでもズレない
480猫背

ウォーキング用骨盤ベルトの選び方

骨盤ベルトには動きにくさや、ズレやすさといったデメリットがあります。

そのため、ウォーキング用に骨盤ベルトを選ぶ場合、次のような点に気を付けるとよいでしょう。

スポーツ用の商品を選ぶ

ウォーキング時に骨盤ベルトを使う場合、スポーツ用の商品を選ぶようにしましょう。

スポーツ用であれば、腰痛予防目的で用いられる腰痛ベルトほどのきつい締め付けがありません。

また、伸縮性がある素材の商品を選べば、歩いていてもズレにくいといったメリットが得られます。

洗い替えを用意しておく

ウォーキング用の骨盤ベルトを購入する場合、洗い替えも用意しておきましょう。

通気性や速乾性に優れた商品を選べば、夏のウォーキング時も快適なだけでなく、洗濯後に早く乾くのでおすすめです。

産後用はNG

ウォーキング用の骨盤ベルトを選ぶ場合、産後用の商品は避けたほうが無難です。

産後用の骨盤ベルトは締め付けがソフトすぎるため、ウォーキング中にズレてしまうからです。

本格的にウォーキングを開始する場合、ある程度の締め付けが必要だと知っておきましょう。

まとめ

ウォーキングは簡単にできる運動であり、ダイエットをしたい方にもおすすめです。

しかし、正しい歩き方および姿勢を身に付けないと、歩いているのに痩せないといった結果にもなりかねません。

正しい歩き方や姿勢を身に付けるには、骨盤ベルトを着用してウォーキングするのがおすすめです。

今回ご紹介したポイントに注意し、自分に合った骨盤ベルトを見つけてくださいね。

ウォーキングでダイエットに成功すれば、好きな服を着てスリムでいられるだけでなく、健康な生活が送れるようになりますよ。

腰痛、猫背、反り腰、ぽっこりお腹、姿勢の改善に
整体パンツNEW ZERO 整体ショーツNEO+

480猫背

整体ショーツNEO+
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次