ダイエットに効果的「ヨガ骨盤矯正ポーズ5選」Yogaで痩せる

ヨガの骨盤矯正で痩せるダイエット法

この記事の内容

  • ヨガで歪んだ骨盤を正しい位置に戻すことで痩せやすい体に
  • ヨガが骨盤矯正に適している理由
  • 初心者にも簡単「骨盤矯正で痩せるヨガ」ダイエットポーズ5選

「効率的にダイエットしたい」「ウエストのくびれが欲しい!」

そんな人におすすめなのがヨガによる骨盤矯正です。なかなか痩せられないのは「骨盤の歪み」が原因のひとつかもしれません。

「骨盤矯正ヨガ」で痩せる

美容や健康においてさまざまなメリットがあるとされるヨガには、骨盤の歪みを整え、代謝を高めて痩せやすい体質へと改善する効果が期待できます。

今回は、ダイエットにおすすめの骨盤矯正ヨガポーズを痩せるポイントとともにご紹介します。

目次

骨盤矯正がダイエットに効果的な理由

骨盤矯正とは、骨盤周辺の骨格や筋肉にアプローチして、骨盤の歪みやねじれを整えること。骨盤を整えると体が整い、痩せやすい体につながります。

骨盤矯正は、ただ痩せるだけでなく、ヒップアップになる、ウエストが細くなるなど、メリハリのある美ボディも手に入るでしょう。

ここでは、骨盤矯正がダイエットに効果的な理由を以下の3つのポイントから説明します。

体の歪みを整え痩せやすい体に

骨盤を矯正することで体の歪みが整い、太りにくく痩せやすい体が目指せます。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ体の要。骨盤の歪みは体の歪みにつながり、全身の筋肉バランスの乱れや血行不良、基礎代謝の低下を招きます。

骨盤矯正によって体の歪みが整うと、これらの不調が改善されるため、自然とダイエットにつながるのです。

また、体の歪みが整うと姿勢もよくなります。ポッコリお腹や垂れ尻の原因となる、反り腰や猫背といった悪い姿勢が改善されることも骨盤矯正によるダイエット効果といえるでしょう。

血流を改善してむくみが解消

骨盤矯正には血流を改善する効果が期待できるため、冷えやむくみなどの解消に役立ちます。

骨盤の歪みは、全身の筋肉バランスの崩れや骨盤周辺の筋肉の過緊張を招きます。これによって体の循環が悪くなり、体内に余分な水分や老廃物が溜まりやすくなるのです。

血行不良は冷えやむくみ、便秘などの不調につながり、ポッコリお腹やパンパンの太ももの原因に。

骨盤矯正によって血流が改善されると、体の循環がスムーズになってむくみが解消されるので、巡りのよいスッキリとしたスタイルが目指せます。

基礎代謝アップでダイエット

骨盤矯正には全身の筋肉量を増やす効果も期待できるため、基礎代謝アップが狙えます。

基礎代謝とは安静にしていても消費されるエネルギーで、ダイエットの鍵となるもの。

骨盤は、お尻や骨盤底筋群といった大きな筋肉に支えられています。また、骨盤の動きは腹筋や背筋、腸腰筋などのインナーマッスルが深く関係しています。

骨盤が矯正されると、これらの筋肉が正しく働くようになり、歩行や階段の上り下りなどの日常の動作でも筋肉が鍛えられるのです。

その結果、基礎代謝がアップし、脂肪燃焼効率が上がることも骨盤矯正によるダイエット効果といえます。

骨盤矯正 ヨガで痩せる

腰痛が楽になる【はく腰サポーター】

480猫背 詳しくはこちら

このように、さまざまダイエット効果が期待できる骨盤矯正にはヨガがおすすめです。

ヨガは、深い呼吸に合わせてゆっくりと体を動かすのが特徴で、血行促進や代謝アップ、姿勢改善にも役立つセルフケアです。

ヨガのポーズと呼吸でやさしく骨盤にアプローチして骨盤の歪みを整え、骨盤周辺の筋肉を正しく動かすことが効率的なダイエットにつながります。

ヨガ骨盤矯正ダイエットのポイント

ヨガで骨盤を矯正し、引き締まった軽やかなスタイルを手に入れましょう。ゆっくりと動くスタイルのヨガは、運動が苦手な人や初心者でもできるので安心です。

ここでは、ヨガによる骨盤矯正で痩せるポイントを以下の3つから説明します。

ヨガで骨盤周辺の筋肉をほぐす

ヨガには、筋肉を鍛えるだけでなく、ほぐしてゆるめるストレッチ要素があります。

骨盤の歪みによって骨盤周辺の筋肉が凝り固まると、血行不良やリンパの滞りを招きます。そのため、ヨガのポーズで骨盤を支える筋肉をストレッチすることがダイエット成功のポイントとなるのです。

骨盤周辺にはお尻や太ももなど、大きな筋肉が多く付随しているので、骨盤矯正のポーズによって効率的に筋肉へアプローチができ、血流の改善や代謝アップが目指せます。

また、骨盤周辺の筋肉がほぐれると股関節の動きがスムーズに。日常動作や運動のパフォーマンスが上がることもダイエットに役立ちます。

骨盤を正しい位置に戻すヨガポーズ

ヨガのポーズには、骨盤の歪みを整えて本来の正しい位置に戻す効果があるとされています。

骨盤が正しい位置に戻ると全身の筋肉バランスが整い、滞りが解消されて、血流や代謝といった体の機能性が本来のよい状態に近づきます。

また、骨盤が安定すると正しい姿勢が保持しやすくなり、普段の姿勢も改善されるでしょう。悪い姿勢は内臓が下垂したりバストが垂れたりする原因になります。

背筋がスッと伸びた美しい姿勢は、ウエストのくびれやヒップアップ、脚長効果など、見た目にも嬉しい変化を生むでしょう。

ヨガで骨盤を正しい位置に戻すことが姿勢や日常動作の改善につながり、見た目もきれいなスタイル美人が目指せるのです。

ヨガでホルモンバランスを整える

ヨガのポーズには自律神経やホルモンバランスを整える作用があるとされています。

骨盤には内臓や子宮を支える役割があり、ホルモンバランスと深く関係しています。ヨガの骨盤矯正によってホルモンバランスが整うと、加齢やホルモンバランスの乱れなどが原因で低下した代謝や血流の改善に役立ちます。

また、ヨガの深い呼吸にはリラクゼーションの効果も。副交感神経が優位になりリラックスが促されると、ストレスによる暴飲暴食も予防できます。

ヨガによるリラックス効果がダイエットの大敵であるストレスケアにもなり、無理なくスムーズにダイエットができることもポイントといえます。

骨盤矯正ヨガポーズおすすめ5選

骨盤 正しい位置に戻すことでダイエットを促進するのがヨガで痩せるポイント

骨盤矯正におすすめのヨガポーズ5選をご紹介します。寝たままできるポーズもあるので、リラックスしたいときや寝る前などに気軽に取り入れてみましょう。ヨガは呼吸に意識を向け、反動をつけず、気持ちがいいと感じられる範囲でポーズを深めてくださいね。

ヨガで痩せるポーズ1)「半分の鳩のポーズ」

 

<特徴>

骨盤周辺の筋肉にアプローチして血流を改善し、股関節の柔軟性を高めて骨盤を矯正するポーズです。お尻の凝り解消や泌尿器系の不調の緩和にも効果が期待できます。

 

<やり方>

 

1

1.四つん這いの状態から、右膝を手と手の間に滑らせるように入れます。

2.左足をゆっくりと後ろに引き、膝を伸ばします。このとき、左足は体に対して真っすぐに伸ばしましょう。

3.息を吐きながら、ゆっくりとお尻を沈めて右の足の付け根を床に近づけます。右のお尻の下にブランケットなどを敷いて高さを出すと骨盤が安定します。できるだけ左右の腰の高さを水平に保ちましょう。

4.手のひらで体を支えるか、余裕があれば前腕を床におろしてポーズを深めます。

5.この姿勢のまま、3~5呼吸キープします。反対側も同様に。

ヨガ 痩せるポーズ2)「仰向けのがっせきのポーズ」

 

<特徴>

寝たままできる骨盤矯正に役立つポーズです。足の重みを利用して股関節をやさしく開き、胸を開いて深い呼吸を促します。ストレスの緩和やリラクゼーションの作用も期待できるので、就寝前におすすめです。

<やり方>

1.床に座り、両膝を立てます。両手のひらは体の後ろの床について安定させましょう。

2.両膝を左右に開き、足の裏同士を合わせます。

3.息を吐きながら、ゆっくりと両肘を床につき、そのまま背中全体と頭も床につきます。あごを引いて、背骨の下の方から順番にていねいに下ろしましょう。

4.両腕は体の横で楽な幅に広げ、手のひらを上向きにしてリラックスします。

5.この姿勢のまま、3~5呼吸キープします。股関節が硬くてつらい場合は、両膝の下に丸めたタオルを敷いて高さを出しましょう。

ヨガ 痩せるポーズ3)「4の字のポーズ」

 

<特徴>

お尻の深層部の筋肉をゆるめ、股関節の柔軟性アップにおすすめの寝たままできるポーズです。腰のストレッチにもなるので、腰痛緩和にも役立ちます。ヒップラインを整える効果も。

<やり方>

1.仰向けになり、両膝を立てます。

2.右足首を左のももの上に乗せ、数字の4の字のようにします。

3.脚を少し持ち上げて、両手で左のもも裏をつかみます。このとき、手をまわすのがつらい方は、フェイスタオルを細長くして両手で持ち、タオルをもも裏にあててください。

4.息を吐きながら、ゆっくりと両手で左ももを手前に引き寄せ、右膝を前方に押します。このとき、右のお尻が浮かないように気をつけましょう。

5.この動きを3~5呼吸くり返します。反対側も同様に。

ヨガ 痩せるポーズ4)「カメのポーズ」

<特徴>

腰や背中の緊張をゆるめて股関節まわりをストレッチするポーズです。硬くなりがちな太もも裏側もストレッチできます。自律神経のバランス調整や婦人科系の不調の緩和にもおすすめです。

<やり方>

1.床に座り、両膝を曲げて左右に開き、両足の裏を合わせます。余裕があれば、踵をお尻から遠ざけます。

2.両手は体の横に添え、息を吸いながら、指の腹で床を押して背筋を伸ばします。

3.背筋を伸ばしたまま、息を吐きながら、両手を前に歩かせて上半身を前傾させます。

4.両手を体の前側に移動させ、両手で足の甲をやさしく包みます。余裕があれば、足の下に両手をくぐらせて足首に添えましょう。

5.息を吐きながら、脱力して無理のない範囲で上半身と頭を前に倒します。この姿勢のまま、3~5呼吸キープします。

ヨガ 痩せるポーズ5)「半分の魚の王のポーズ」

<特徴>

骨盤の歪みを矯正するヨガのポーズです。ツイストによって背骨を整えて内臓を活性化します。便秘解消やウエストの引き締めにも効果的です。

<やり方>

1.両足を伸ばして座った状態から、右膝を曲げ、左足をまたいで右の足裏を左のお尻の近くに置きます。

2.左膝を曲げて、右のお尻の近くに引き寄せ足の甲を床に寝かせます。このとき、右のお尻を少し持ち上げるとスムーズです。

3.左手で右の膝を抱え、右手はお尻の後ろについて、息を吸いながら、指の腹で床を押して背筋を伸ばします。

4.息を吐きながら、上半身を右側にねじります。お腹から胸、肩、首の順番で下からていねいにツイストを深めましょう。

5.この姿勢のまま、3~5呼吸キープします。反対側も同様に。

まとめ

ダイエットに効果的な骨盤矯正ヨガポーズと、骨盤矯正によるダイエットでのポイントをご紹介しました。

体の中心に位置する骨盤は、体の安定感やコンディションの土台となる大切な要です。骨盤の歪みは体の不調につながり、健康面でも美容面でもデメリットをもたらします。

今回ご紹介したヨガのポーズは、骨盤の歪みを整えて血流を促し、太りにくく痩せやすい体質への改善を根本からサポートしてくれます。ぜひ生活に取り入れて、ヘルシーで美しいボディラインを手に入れましょう。

この記事を書いた人ヨガインストラクター 古城美季

名前 古城美季
ヨガインストラクター 古城美季
職業 ヨガ指導歴8年目のフリーヨガインストラクター
プロフィール 2015年にRYT200(全米ヨガアライアンス認定)
を修了し、スタジオ、オンラインレッスンを含めて3000時間以上の指導歴と、
新人インストラクターのトレーナーとしての経験を持つ。
腰痛、猫背、反り腰、ぽっこりお腹、姿勢の改善に
整体パンツNEW ZERO 整体ショーツNEO+

480猫背

整体ショーツNEO+
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次