ゴルフ背中左側の痛みが出る場合の原因と対処・予防方法

ゴルフ背中左側の痛み

<本サイトは記事内にPRが含まれています>

 

ゴルフは様々な年齢層に人気のスポーツです。

趣味として、またはビジネスの場として楽しむ人も多くいます。

しかしながら、練習量が多くなったり、スウィングの形が適切でないと、体に負担がかかり、怪我のリスクも高まります。

ゴルフ腰痛対策は骨盤がポイント!コルセットやサポーターより断然動きやすい!
プロゴルファーコーチも着用おすすめのパンツ! 『整体パンツNEW ZERO for golf』

特に多いのが、ゴルフをした後に背中、特に左側が痛むという症状です。

・ゴルフで左側背中の痛みで悩んでいる
・スィングすると左肩甲骨の内側が痛い
・背部痛がなかなか治らない

これは練習過多によるものだけでなく、股関節や背中の使い方にも起因します。

この痛みを放置してしまうと慢性化し、最悪の場合はスウィングの修正や治療が必要になることもあります。

もし背中の痛みに悩んでいるなら、この記事はあなたの役に立つでしょう。
スウィング中に左肩甲骨の内側が痛む、あるいは背部痛がなかなか治らないといった症状がある場合、一読する価値があります。

この記事では、ゴルフプレイ中に背中左側の痛みが出る原因とその対処法について詳しく解説します。

目次
ゴルフで腰に負担のないスイングを支援する整体パンツNEW ZERO⇒ゴルフで腰が楽になる!骨盤矯正パンツ口コミ『整体パンツNEW ZERO for Golf』

ゴルフで背中左側の痛みが出る主な原因

ゴルフは技術や戦略だけでなく、身体の動きを駆使するスポーツです。

しかし、その動きが不適切であれば、身体への負荷が大きくなり、痛みを引き起こすことがあります。
特に、左側の背中の痛みはゴルフ中によく見られる問題です。この記事ではその主な原因と、それに対する対策について解説します。

ゴルフのスイングをする際、フルスイングを意識しすぎて引っ張りすぎた場合、スイングの後半で左側の背中に痛みを感じることがあります。これは引っ張りすぎにより発生した筋肉と関節への負荷によるものです。

フォームや体の使い方に起因するもの

引っ張りすぎると左側の背中が痛む

スイング中に左肩甲骨を背骨の方向に引っ張りすぎると、背骨と肋骨の関節に過剰な負荷がかかり、筋肉の過剰収縮を引き起こします。
この結果、背中の左側に痛みを感じることがあります。これは、引っ張る動作により左肩甲骨が背骨の方向に引っ張られ、背骨と肋骨の関節に負荷がかかるからです。この状況は筋肉の過剰な収縮と関節への過剰な負荷を引き起こし、これが痛みの源となります。スイングの動作を修正し、適切な引っ張りを心掛けることが、この痛みを予防するための鍵となります。

下半身が使えていない

テイクバックからトップへの移行で左側の背中の筋肉は伸長されます。
下半身、特に股関節を上手に使えると上半身の動きは少なく済むのですが、下半身が使えていないと筋肉の伸長が強まり、負荷が増え、痛みが出やすくなります。
また、上半身を無理に動かすことで、背骨と肋骨の関節に過剰な負荷がかかり、痛みが生じます。

ヘッドが走っていない

ヘッドが十分に走っていない場合も、左背中を痛める原因となります。上半身が過剰に引っ張られることにより、肩甲骨と背骨の間の筋肉や関節に過大な負荷がかかるからです。
この負荷が続くと、筋肉や関節が過労となり、痛みを引き起こします。

スイング中にクラブヘッドが走らないと、クラブの動きを引っ張る力が増えます。これが引き起こす筋肉の過剰な収縮と関節への負荷が、左側の背中の痛みを引き起こします。スイングの際は、クラブヘッドがしっかりと走るように意識することで、身体への過剰な負荷が減り、背中の痛みが生じる可能性も低くなり、この痛みの予防に繋がります。

まずは、上記3つの左背中の筋肉に負荷が高いフォームになっていないかを確認してみましょう。

スポーツ障害に起因するもの

さらにこのようなフォームの負荷が続くと以下のようなスポーツ障害を招く恐れがあります。

ゴルフで左側の背中が痛む原因として、一般的には使い過ぎや筋筋膜性疼痛症、そして特定の筋肉、特に脊柱起立筋や菱形筋の過度な使用や疲労にあります。

特定の筋肉の使い過ぎが原因

まず、「使い過ぎ」が原因の場合、ゴルフの練習では多数の球を打つため、身体の回転動作を同じ方向に繰り返すことが多く、これが左右のバランスを崩すことがあります。その結果、特定の部位に過剰なストレスがかかり、背中の痛みにつながることがあります。

筋筋膜性疼痛症

「筋筋膜性疼痛症」が引き起こす痛みは、繰り返される動作により筋肉周囲の血行不良が起こり、筋肉を包む筋膜が癒着を起こすことで引き起こされます。これは主に背中や腕の筋肉に現れます。

脊柱起立筋の痛み

そして、「脊柱起立筋」の痛みは、ゴルフではスイング以外にもしゃがんでボールを拾う動作などでこの筋肉に負担がかかり、痛みの原因となることがあります。同様に、「菱形筋」も、肩甲骨を引き寄せる役割を果たしており、特にスイングのテイクバックから切り返しの瞬間に最大の負荷がかかります。

以上の要素が組み合わさることで、ゴルフによる左側の背中の痛みが生じるのです。ゴルフのスイングや姿勢を見直し、適切な休息やストレッチングを行うことで、これらの痛みは予防・軽減できます。

ゴルフで背中の左側が痛い時ときの対処法と予防方法

背中の痛みが持続する場合、または症状が悪化する場合は、医師や理学療法士に相談することをお勧めします。これらの専門家は、適切な治療法やリハビリテーションプログラムを提供してくれます。やみくもにマッサージなどをすると悪化するおそれもあります。まずは正しい診断をあおぎましょう。

ゴルフで背中の左側が痛いときの予防方法は以下のようになります

ストレッチング

筋肉の緊張を和らげるためには、ゴルフを始める前後のストレッチングが重要です。特に、脊柱起立筋や菱形筋など、痛みの原因となる筋肉に焦点を当てたストレッチングを行いましょう。

ウォーミングアップとクーリングダウン

身体を動かす前に十分なウォーミングアップを行い、運動後にはクーリングダウンを行うことで筋肉や関節の負荷を軽減します。

 

適切なスイング技術

適切なスイング技術を習得することで、体への過剰な負荷を避けることができます。プロのゴルフインストラクターからフィードバックを得ることは、正しいスイング動作を学ぶのに役立ちます。

 

休息

適切な休息は、筋肉の回復に必要です。ゴルフの間隔をあけたり、練習時間を適切に管理したりすることで、筋肉に過度なストレスをかけることなくプレイすることができます。

 

適切なフィットネスと体調管理

全般的な身体の健康状態を維持することも重要です。適切な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠は、身体の能力を最大限に引き出し、怪我のリスクを減らします。

 

筋力トレーニング

腹部や背部の筋力を強化することで、スイング中の体幹の安定性を高め、背中への負担を軽減します。

これらの対処法と予防方法を適切に行うことで、ゴルフプレイ時の背中の痛みを大幅に減らし、長期的な負傷を防ぐことが可能になります。特に、ゴルフは反復的な動作が多いスポーツであるため、適切な体のケアと維持が重要です。以上の方法を組み合わせて実行することで、より健康的なゴルフライフを送ることができるでしょう。

まとめ

ゴルフによる背中左側の痛みの主な原因は、過度の引きつけ、下半身の不適切な利用、クラブヘッドの不適切な動き、筋肉の使いすぎなどです。

これらは過剰な筋肉収縮や関節への負荷を引き起こすことで痛みを生じさせます。

対処法として、ストレッチングや筋膜リリースで筋肉の緊張を和らげ、スイングメカニズムの見直しを行います。

予防方法として、適度な休息を取る、適切な身体の動きを学ぶ、そしてスイングの力任せを避けることが重要です。

ゴルフによる背中左側の痛みが続く場合は、まずは医療機関などで診断をして正しい指導や治療ををうけてから対処法や予防法を行いましょう。