ゴルフで指が痛い!ゴルフで指を痛める原因とバネ指の予防法

ゴルフで指が痛い ゴルフのケガ

ゴルフを始めたばかりの初心者ゴルファーは、楽しくて仕方がなく、もっと上手くなりたい一心で過度な練習になってしまうことも、、、

意外とゴルフで痛めてしまうことが多いのが手の指です。

  • ゴルフで指を痛めないために
  • ゴルフで指が筋肉痛?

そんなゴルフによる指の痛みについてどう対処すればいいのかをご紹介します。

猫背

ゴルフで指を痛めてしまう原因は

ゴルフ初心者の頃は、慣れないゴルフスイングながら練習に励んでしまいがちです。

そのため特にゴルフを始めたばかりのころは指の痛みを感じやすく、指を使いすぎて痛めてしまうことが多く見られます。

ゴルフで指を痛めてしまうのは、使いすぎによるところが多いのですが、具体的にはどのような原因で痛みを生じてしまうのでしょうか。

南秀樹プロコーチも愛用「整体パンツZERO」|ゴルフ腰痛サポーター
ゴルフ腰痛対策に 南秀樹プロコーチも使っている「整体パンツZERO」 整体パンツがゴルフ 腰 サポーターとしてゴルファーにおすすめの理由 20歳で腰を痛めヘルニアに プロゴルファーコーチの南秀樹です。 南 秀樹...

なぜグリップに力が入りすぎると指を痛めるのか

クラブを握る強さのグリッププレッシャーは、小鳥を両手で持つように握るなどと例えられるほど、軽く握ると言われています。

しかし、練習に熱中してしまうといつの間にか強く握っていたり、より遠くへ飛ばそうと力が入り過ぎてしまうのです。

日常生活で強く握りながらスイングをして、インパクトの衝撃に耐えるというようなことはありません。

そのため指を痛めてしまう原因となってしまうのです。

【関連記事】ゴルフ筋肉痛で腕が痛い!二の腕の痛みの原因と対策法

ゴルフ筋肉痛で腕が痛い!二の腕・前腕の痛みの原因と対策法
「ゴルフをしていると二の腕が痛くなる」というお悩みはありませんか? ゴルフ初心者におきる筋肉痛として多いのが腕の筋肉痛です。 しかし、あなたが前腕や腕の力こぶの位置に筋肉の痛みが出ているのであれば、正しいスイングができていないの...

ゴルフの練習でおこる腱鞘炎

指を使い過ぎたことによる痛みは、腱鞘炎の一種になります。

腱鞘炎とは、指を握ったり開いたりする動作が痛みによってスムーズに行えなくなる状態です。

長時間指を使い続けたり、同じ個所に衝撃がかかり続けると起こる指の腱鞘部の炎症になります。

指が痛いなど腱鞘炎のような症状がある場合は、ゴルフの練習を控えて休息をとることです。

痛みが落ち着くまで我慢することが、練習再開の近道になります。

痛めた指が悪化するとバネ指に

痛みが出ていても我慢しながら続けていると、腱鞘炎が悪化してバネ指という特徴的な症状を引き起こしてしまいかねません。

ゴルフでおこる“バネ指”とは

ゴルフで指を痛めたまま練習などを続けているとばね指になってしまうことがありますので注意が必要です。

バネ指は、指を伸ばしたり曲げたりする時に必要な腱鞘が腫れている状態で、指を動かすと強い痛みが生じます。

指の動作時に腱鞘の動きがスムーズさを失うため、バネのようにピーンと伸びたりするなど動作に違和感があります。

このようなバネのような動きをすることからバネ指と呼ばれているようです。

バネ指の治療

このような症状のバネ指の治療方法は、保存療法と手術になります。

保存療法の場合は、なるべく指を動かさないように装具を付けたり、炎症がひどい場合はステロイド注射を施工することになるでしょう。

保存療法で改善しない場合や再発を繰り返す場合には、切開手術を行い正常な状態へと戻します。

ただ手術といっても数十分で日帰りも可能なものが一般的です。

ゴルフでバネ指にならないための注意点

バネ指にならないようにするためには、痛みを感じたらゴルフを我慢して安静にすることが大切です。

またなかなか痛みが引かない場合や指を動きに違和感があれば、なるべく早く整形外科などの医療機関を受診することをおすすめします。

【関連記事】ゴルフで筋肉痛にならないスイングと場所別の痛みの原因・予防法

ゴルフ筋肉痛の正しい場所と初心者に多い間違った痛みの原因と予防法
ゴルフの初心者に多く見られる悩みのひとつが、練習やラウンド後の筋肉痛です。 実は、ゴルフにともなう筋肉痛には「良い筋肉痛」と「悪い筋肉痛」があることをご存知でしょうか。良い筋肉痛とは正しいスイングや動きによって負荷がかかっている場所で...

ゴルフで指の痛みは思ったより長引く・まずは休養

<指を痛めると長引く場合がある>

ゴルフで指を痛めた、指が痛いと感じた場合
まずはアイシングすることが効果的です。

炎症が起こっている状態なので、痛みや違和感がある時は練習後やラウンド後に患部を冷やして、症状の緩和に努めましょう。

ゴルフはグリップを握って行うスポーツだからこそ、指の痛みがスイングに与える影響は大きいものです。

なるべく傷めないように、そして痛みが出た場合には速やかに回復するように心がけることをおすすめします。

指の保養・まずはゴルフの練習を休む

痛みがある場合は、指を休めましょう。

安静にしておくことが大切なポイントです。

装具などで動きを抑えることがベストですが、力を入れて握るような動きや指を伸ばしたり曲げたりする動きをしないように意識しておくだけでも、保存療法としての効果があります。

整形外科などで診察してもらう

もちろん痛みが出た時点で、整形外科などの専門家に診てもらうことが望ましいでしょう。

炎症の度合いによって、装具での固定やステロイド注射などを行ってくれるかもしれません。

なるべく軽症で済むように対応して、バネ指とならないようにしておくことが、ゴルフをする上では重要です。

ゴルフで指を痛めないための注意点

<日頃から指を痛めないように注意することが大切>
ゴルフの練習を頑張っていて指の痛みが出たから安静にしていたのに、また練習を再開すると痛みが出現する。

この状況を何度も繰り返してしまっては、指に悪影響を与えかねません。

そうならないために、痛みが出る原因を改善することをおすすめします。

ゴルフの練習やラウンド時だけじゃなく、日頃から指を傷めないように注意しましょう。

ここでは、ゴルフの時に注意すること、日常からできる指のケア、役立つサポーターについてご紹介します。

グリッププレッシャーを見直す

指を痛めないためにも、グリッププレッシャーを見直してみましょう。

ずっと強く握っていた人にとっては大きな変化かもしれませんが、長くゴルフを続けていくのであれば取り組んで間違いありません。

初対面の人と握手する程度の強さ、小鳥をつぶさないように握る強さなど、様々な表現があります。

すなわち、やさしくやふんわりと握るイメージですが、具体的にはグリップを握ったまま上下左右にクラブを動かせるぐらいの強さがおすすめです。

またスイング中は、その握る力の強さを変えずに一定に保つことも、グリッププレッシャーのポイントとなっています。

グリップの強さを緩めていき心地よくスイングできる強さが、自分にとって最適なグリッププレッシャーの目安となるでしょう。

【関連記事】ゴルフで指を痛めないためにグリッププレッシャーを見直すには以下の記事を参考にしてみてください。

ゴルフで手のひらが筋肉痛、手のひらが疲れる原因や正しい握り方の対処法
ゴルフで多くのショット練習や頻回の練習場通いをしていると、手のひらが筋肉痛になってしまう方も多いのではないでしょうか。 ここではそんな手のひらの筋肉痛の理由と筋肉痛にならないためにはどのようなことに気を付ければいいのかなどをご紹介しま...

練習の前後に手や指のストレッチを

ゴルフで指を痛めないための手や指のストレッチ方法をご紹介します。

・指のほぐし

親指は1番使用頻度が高く、腱鞘炎の場合には親指の付け根に痛みが出る方が多いです。

手が疲れたと感じて、無意識に揉んでいることがあるかもしれません。

親指の付け根の厚みがある部分を反対の手で揉んでいきましょう。

1か所だけではなく場所を変え、まっすぐ押したり、回すよう揉んだり、場所や力の入れ方に変化をつけてマッサージしましょう。

・指を引っ張る

手や指の筋肉も疲れやストレスによって、硬くなって柔軟性が低下します。

外側へ引っ張って柔軟性と可動域を元に戻しましょう。

指を一本つかんで軽く引っ張り、指の付け根の関節から伸びるような感覚が理想です。

指を軽く揺らして脱力ができるように、特に疲れている部分を重点的に左右5本指すべて行いましょう。

・手の甲をほぐす

手の甲は、やはりよく動かす部分なので触れる表面だけでもケアをすることをおすすめします。

5本の骨と骨の隙間にある筋肉を反対の手で軽く押すようなマッサージを入れていきましょう。

表面の皮膚も擦るように揉んであげると血流が促されて、手全体の疲労回復に効果的です。

ゴルフの指用サポーターを使って指をケア

<ゴルフの指用のサポーターとは>
ゴルフでの指の負荷を軽減してくれるアイテムとしてサポーターがあります。

装具のような固定具ではなく、手や指にフィットして動きを抑制してくれる薄い手袋のようなタイプです。

指を痛めた状態で、家事や仕事などの日常生活を問題なく送れるように助けてくれる、ありがたいアイテムとなっています。

お医者さんの手首サポーターFit[AP-434702]

参考)https://item.rakuten.co.jp/wide02/78586/

まるで自分自身のために作られたオーダーメイドのようなフィット感があります。

動きやすいのにしっかりサポートされているサポーターです。

下着にも採用される肌触りの良い素地を使用しており、伸縮性とパワーがある生地でしっかりフィットされています。

また指の痛みの原因となりやすく、負担がかかりやすい親指の付け根と手首の2か所の動きを抑制しており、仕事や趣味、家事でも問題なく固定してくれるのが特徴的なサポーターになっています。

勝野式  ワンタッチ手首サポーター

https://item.rakuten.co.jp/h-rescue/tekubi_4/

親指が動かしやすく手首でしっかり固定されているので、腱鞘炎のケアをしながらでも仕事ができるサポーターです。

1日中のパソコン使いでも安心の伸縮性があり、手首にピッタリ固定されています。

装着したままで水仕事ができるので、家事をしていても安心のサポート力が維持されるのが嬉しいところです。

また痛みの部位や症状、手のサイズに合わせて、固定力を調節することが可能なので、誰にでも使えることが特徴のサポーターになります。

【関連記事】ゴルフに多い腰の悩み。腰痛がおこらないためのスイングは

【ゴルフ腰痛対策】腰痛が左側・右側だけの原因!スイング改善で痛み予防
ゴルフで腰痛を抱えている方は多いようです。しかし何故か「左側ばかりに痛みが走る」「右側だけ痛い」など、片側の腰だけにおこる腰痛の症状もあります。 このような「腰痛が左側だけに起こる」のは右利きのゴルファーに多い腰痛といわれています。【...

まとめ

練習やラウンドをもっとしたいと考える初心者ゴルファーですが、練習をし過ぎてしまい指の痛みを感じている人が多くいます。

今回は、そんな初心者ゴルファーに多い指の痛みの原因や対処法と予防対策についてご紹介しました。

痛みを感じたら安静にしておくことが大切で、痛みがなかなか引かない場合には整形外科を受診することがおすすめです。

痛みを放置したり、繰り返して痛みが生じるような場合、バネ指と診断される可能性が高くなります。

バネ指は腱鞘炎の1種ですが、ひどくなると切開手術が必要となってしまうこともあるので注意が必要です。

練習量と休息のバランスを見ながら、ゴルフをマスターしていきましょう。

「ゴルフをやっている人で、腰が悪くない人はいない!」
腰痛で悩んでいるゴルファーの方に整体の先生が作った『ゴルフ用整体パンツ』NEW ZEROはおすすめです。
小林篤史 著書

「着用時に腰の負担を防止し、姿勢を正すための尾骨方向に締める構造」が特許で認められています。(特許第6902388号)『特許取得』
 「着用時に腰の負担を防止し、姿勢を正すための尾骨方向に締める構造」が特許で認められています。

『ALBA』『週刊ゴルフダイジェスト』などの有名ゴルフ雑誌にも注目のゴルフ用インナーとして取り上げていただきました。
ゴルフ雑誌『ALBA』
『ALBA』822号 掲載

週刊ゴルフダイジェスト
(週刊ゴルフダイジェスト 2021年6月29日号掲載)

整体パンツZERO・ゴルフボタン

南プロも愛用、腰痛で悩むゴルファーの方に
南プロも愛用、腰痛で悩むゴルファーの方に

猫背・骨盤治療の専門家が作った整体パンツZERO
整体パンツZERO・ゴルフボタン

タイトルとURLをコピーしました