ゴルフで手のひらが筋肉痛、手のひらが疲れる原因や正しい握り方の対処法

ゴルフで手のひらが筋肉痛 ゴルフのケガ

ゴルフで多くのショット練習や頻回の練習場通いをしていると、手のひらが筋肉痛になってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな手のひらの筋肉痛の理由と筋肉痛にならないためにはどのようなことに気を付ければいいのかなどをご紹介します。

猫背

ゴルフで手のひらが筋肉痛になる原因

手のひらが筋肉痛になる原因は、手とグリップに理由があることがほとんどです。

筋肉痛になるわけですから、グリップを必要以上に握っていることによって手の筋肉の緊張状態が続いたことにより手のひらが疲労してしまった状態になっています。

この状態のままスイングしていると正しいショットができないでしょう。

また通常よりも身体の疲労感が大きくなる可能性もあります
あるのは確かです。

ショット練習中などに、手や指が痛い、握力がなくなってきたと感じることはありませんか?

この握り過ぎてしまう理由を知り、改善することが必要です。

【関連記事】ゴルフで指が痛くなったら~バネ指の予防法

ゴルフで指が痛い!ゴルフで指を痛める原因とバネ指の予防法
ゴルフを始めたばかりの初心者ゴルファーは、楽しくて仕方がなく、もっと上手くなりたい一心で過度な練習になってしまうことも、、、 意外とゴルフで痛めてしまうことが多いのが手の指です。 ゴルフで指を痛めないために ゴルフで指...

<なぜ力を入れすぎてしまう?>

握り過ぎてしまう理由にはいくつかありますが、最大の理由は正しい握り方をしていないことでしょう。

自分に合った適正な握り方を見つけることが問題解決の方法となります。

グリッププレッシャーを見直そう

グリッププレッシャーとは?

まずグリッププレッシャーを理解しましょう。

グリッププレッシャーとは、ゴルフ用語で握る強さを示しています。

握る強さは人それぞれですが、一定であることが大事なことです。

ショット毎に握る強さが変わってしまっては、正確なショットを打つことができないだけでなく、スイング自体も崩れてしまう原因となります。

【関連記事】ゴルフ筋肉痛で腕が痛い!二の腕の痛みの原因と対策法

ゴルフ筋肉痛で腕が痛い!二の腕・前腕の痛みの原因と対策法
「ゴルフをしていると二の腕が痛くなる」というお悩みはありませんか? ゴルフ初心者におきる筋肉痛として多いのが腕の筋肉痛です。 しかし、あなたが前腕や腕の力こぶの位置に筋肉の痛みが出ているのであれば、正しいスイングができていないの...

クラブを握る力加減はどんな感じ

・小鳥をつぶさないように
・中指、薬指、小指で握って親指、人差し指は添えるだけ
・クラブを落とさない最低限の力

握る力加減を説明する時に、このような表現がされることがありますが、どれもゆるく握るということに違いはありません。

正しいフォーム(握り方)

<どのような握り方があるのか>

ゴルフのグリップの握り方にはいくつか種類があります。

・オーバーラッピング
・インターロッキング
・テンフィンガー(=ベースボール)

適正なグリッププレッシャーを理解するためにも、これらの握り方から自分に合う握り方を身に付けることが大切です。

ここではそれぞれの握り方の特徴についてご紹介します。

オーバーラッピング

特徴 握り方

左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せる握り方で、一般的な握り方でもあります。

左右の手でグリップを包み込む感覚で左手主導のスイングなりやすいのが特徴です。

また左側にタメができるので飛距離が出やすく、プロゴルファーにも多い握り方となっています。

ただ、手が小さい人、指が短い人には、少し握りにくい方法となるので、コントロールがしにくい、飛距離が伸びないといったデメリットを感じるかもしれません。

インターロッキング

特徴 握り方

左手の人差し指と中指の間に右手の小指を絡める握り方です。

最初のうちは、指がこすれていたい、マメができてしまうという感想の人もいますが、慣れてくればこれらは解消されます。

指を絡めている握り方なので、左手と右手の一体感を感じやすく、スイングのアームローテーションをしやすいという特徴もあるのです。

この握り方は、手が小さい女性や指が短い人でも、コントロールや飛距離を求めやすくなっています。

テンフィンガー(=ベースボール)

特徴 握り方

このテンフィンガーグリップは、名前通り10本の指で握る方法です。

別名をベースボールグリップと呼び、野球のバットを握る方法と同じになります。

オーバーラッピングとインターロッキングの握り方には違和感がある人も多いですが、全部の指でグリップを握るこの方法は握りやすいため初心者ゴルファーでも受け入れやすい握り方とも言えます。

ただグリップの位置が左右で異なるため、多少スイングのしにくさがあるかもしれないというデメリットがあるでしょう。

握り方のポイント

<手のひらが筋肉痛にならない握り方・フィームのポイントは>

手のひらが筋肉痛になってしまう原因としては、必要以上に強く握り過ぎていることでした。

ここでは、手が筋肉痛にならない握り方とフォームについていくつかのポイントあげて説明します。

・正しい握り方をする

まずオーバーラッピング・インターロッキング・テンフィンガーのグリップから最適な握り方を見つけましょう。

そして、強く握らないようにグリッププレッシャーを意識することが大切です。

握ったグリップのまま、自分の目の前でクラブをゆっくりぐるっと回して、ギリギリ落とさない程度の力であることを確認してみてください。

その強さを一定に保つようにしましょう。

・姿勢と両肩の位置

グリップを作る時に、意外と大事なのがフォームです。

正しい姿勢を作って、フォームを整えてからグリップを作りましょう。

まずスイング時の少し前傾姿勢を作った状態で、腕の力を抜いて腕を下げた位置でグリップを作ります。

この体勢が、アドレスの基本となる状態です。

もし肩に力が入っていると肩が上がり、フォームが崩れてしまいます。

肩にも腕にも、そして手にも必要以上の力が入っていない状態が、正しいグリップ・フォームです。

【関連記事】ゴルフで筋肉痛にならないスイングと場所別の痛みの原因・予防法

ゴルフ筋肉痛の正しい場所と初心者に多い間違った痛みの原因と予防法
ゴルフの初心者に多く見られる悩みのひとつが、練習やラウンド後の筋肉痛です。 実は、ゴルフにともなう筋肉痛には「良い筋肉痛」と「悪い筋肉痛」があることをご存知でしょうか。良い筋肉痛とは正しいスイングや動きによって負荷がかかっている場所で...

【対処法】手のひらや指が痛いときは”まずは休養”

<手のひらや指が痛い場合の対処法>
上手になりたいという思いから練習量が増えすぎて、手のひらや指を痛めることもあるでしょう。

しかしそんな時こそ、スイング練習やショット練習は控えておきましょう。

ゴルフによる手や指の痛みは腱鞘炎のひとつであり、痛みを我慢して続ければ悪化するだけです。

正しく握れないままの練習は、上達することはなく意味のない練習になってしまいます。

練習したい気分を抑えて休養に専念し、手を使わない筋トレや学習などを行いましょう。

日常からのケアが大切

筋肉痛などの使い痛みは、日頃からのメンテナンスである程度であれば防ぐことが可能です。

グリップを必要以上に強く握ってしまったり、正しい握り方ができていないと手だけじゃなく腕や肩、首や背中までにも負担をかけることにも繋がります。

そこで、腕から背中にかけてストレッチなどで筋肉をほぐしておくことが大事です。

・首や肩を回すだけでも、周囲の筋肉が動きほぐれることでしょう。

・背中の筋肉は固くなりがちなので、スイングするように身体をゆっくり大きくひねり筋肉をほぐしましょう。

・スイングでは肩甲骨の働きが大事、おすすめは両腕を前に伸ばして肩甲骨周囲の筋肉を伸ばすストレッチで、頭を腕と腕の間に入れるように前傾させるとより効果的です。

道具の問題も

ここまで手のひらの筋肉痛の原因として、グリップの握り方やフォームについて見てきました。

正しい握り方をして練習をしても、痛めてしまったり筋肉痛になる人もいるでしょう。

握り方やフォーム以外にも原因となる要素があります。

手がクラブに触れる時に使用するグリップやグローブなど道具の問題です。

その中でも、素材・重さ・形などの種類があるグリップは、手やゴルフスタイルにに合っていないと身体やスコアに影響を与えてしまいます。

グリップが合っていない

ゴルフクラブのグリップには、太さ・重さ、バックラインの有無、素材の3つのポイントがあって、手の大きさや好みなどによって適したものを選択する方が違和感を避けることが可能です。

いつもと異なるグリップの太さや素材などのクラブ使用すると、ショットの弾道が乱れることもあります。

気付かないうちに力が入り過ぎて、手を痛めてしまうこともあるでしょう。

また、使い込んでいるグリップであれば摩耗して劣化していることもあります。

特に中古クラブを購入すると、そのような摩耗したグリップの場合もあるので注意が必要です。

このようにゴルフクラブのグリップは手はもちろんですが、スイングやショット、身体に影響を与える要因となってしまいます。

自分のあったグリップを

それでは自分に合ったグリップはどのように選べばいいのでしょう、適したグリップの選び方についてご紹介します。

スイングの改善点や目的に合わせてグリップを選ぶことで、無理なくスイングできるようになり、手にもダメージが及びにくくなります。

・太さ
飛距離を重視したいなら太めを選択
安定性を重視するなら細目を選択

・バックライン
フェースの向きを安定させたいならバックラインありを選択
弾道を打ち分けたいならバックラインなしを選択

・素材
ソフトな握り心地を好むならラバーや樹脂タイプを選択
硬い握り心地を好むならコードタイプを選択

【関連記事】ゴルフで左右の腰に痛みがある場合の対処方法。

【ゴルフ腰痛対策】腰痛が左側・右側だけの原因!スイング改善で痛み予防
ゴルフで腰痛を抱えている方は多いようです。しかし何故か「左側ばかりに痛みが走る」「右側だけ痛い」など、片側の腰だけにおこる腰痛の症状もあります。 このような「腰痛が左側だけに起こる」のは右利きのゴルファーに多い腰痛といわれています。【...

まとめ

今回はゴルフでの手のひらの筋肉痛について、痛くなる原因と痛くならないための方法をご紹介しました。

筋肉痛を起こしてしまう最大の原因は、強く握り過ぎていることにあります。

適正な握り方をしていれば痛くならないので、必要以上に握り過ぎないよう正しいグリップとフォームのポイントについて説明しました。

オーバーラッピング・インターロッキング・テンフィンガーの握り方と適正なグリッププレッシャーを意識して、自分に合う握り方を身に付けましょう。

「ゴルフをやっている人で、腰が悪くない人はいない!」
腰痛で悩んでいるゴルファーの方に整体の先生が作った『ゴルフ用整体パンツ』NEW ZEROはおすすめです。

「着用時に腰の負担を防止し、姿勢を正すための尾骨方向に締める構造」が特許で認められています。(特許第6902388号)『特許取得』

『ALBA』『週刊ゴルフダイジェスト』などの有名ゴルフ雑誌にも注目のゴルフ用インナーとして取り上げていただきました。
ゴルフ雑誌『ALBA』
『ALBA』822号 掲載

週刊ゴルフダイジェスト
(週刊ゴルフダイジェスト 2021年6月29日号掲載)

整体パンツZERO・ゴルフボタン

南プロも愛用、腰痛で悩むゴルファーの方に

猫背・骨盤治療の専門家が作った整体パンツZERO
整体パンツZERO・ゴルフボタン

【関連記事】
ゴルフの筋肉痛でお悩みならこちらの記事もご参考に
ゴルフは筋肉痛の場所でスイングが正しいかわかる!ゴルフの筋肉痛の原因と対処法

タイトルとURLをコピーしました