ゴルフスイング飛びは骨盤の回転と使い方!骨盤が痛いときの対策も

ゴルフスイングは骨盤の回転と使い方 ゴルフのケガ

ゴルファーなら多くの人が、飛距離アップを考えるのではないでしょうか?

そんなゴルファーの耳に届くのが「腰を使って骨盤を回してスイングスピードをあげることで飛距離アップをめざす」というもの。

ただ、どのように骨盤を使えばいいのか、骨盤を回すこととゴルフスイングの関係性など、わからないこともあります。

また腰から骨盤にかけて痛みを感じることがありますが、原因と予防のためのストレッチを知っておきたいものです。

そこで、飛距離アップのための腰と骨盤を使った正しいゴルフスイングについてご紹介します。

猫背

ゴルフは骨盤の回転を速くすることで飛距離アップ

骨盤の回転とより遠くへボールが飛ぶことの関係について見ていきます。

まずは骨盤の使い方について理解しましょう。

骨盤をスムーズに素早く回転させることができれば、飛距離アップすることが可能です。

腰の体重移動

骨盤の回転をスムーズにかつスピードをあげるためには腰の体重移動がポイントになります。

ゴルフスイングでは、腰を使って右へ体重移動をはじめ、トップの位置で右足に体重が移り、フィニッシュでは左足に体重が乗っていることが理想的なフォームになります。

このように腰を左右に体重移動することによって、骨盤を速く回転させる土台が出来ます。

骨盤を回す

さらに腰の体重移動の時に骨盤をコンパスで円を描くように回転させることでスイングのスピードが上がります。

膝を少し曲げて正面を向くように構え、左腰を中心にしてコンパスのように右腰を背後に回すことが骨盤を速く回転させるポイントです。

腰の左右への体重移動と骨盤の回転の連動から飛距離アップにつながるスイングスピードとパワーを生み出すのです。

【関連記事】ゴルフで左側、右側だけに腰痛が出る場合はスイングに問題があるかも。

【ゴルフ腰痛対策】腰痛が左側・右側だけの原因!スイング改善で痛み予防
ゴルフで腰痛を抱えている方は多いようです。しかし何故か「左側ばかりに痛みが走る」「右側だけ痛い」など、片側の腰だけにおこる腰痛の症状もあります。 このような「腰痛が左側だけに起こる」のは右利きのゴルファーに多い腰痛といわれています。【...

ゴルフの姿勢と骨盤

腰の体重移動で骨盤を回転させて飛距離アップさせることについて紹介しました。

ではどのような姿勢をとることが骨盤を回転させやすいのでしょうか。

腰の体重移動で骨盤を回転させるには、骨盤の傾きがポイントになります。

体重移動と言われるとスウェーしてしまうかもと考えそうですが、骨盤が前傾していると腰を左右に動かすだけで骨盤を簡単に回すことが可能です。

骨盤が前傾すると股関節に体重が乗り、腰椎と骨盤が回転しやすくなります。

骨盤が旋回しない骨盤前傾姿勢は

骨盤を回転させるためには骨盤の前傾姿勢がポイントだと紹介しました。

ただ、骨盤が前傾していればいいということでもありません。

骨盤が前傾姿勢になっていても上手く骨盤を回転させられない姿勢もありますので注意が必要です。もありますので注意が必要です。
骨盤を前傾させることによって、スムーズなゴルフスイングと飛距離アップが手に入ると言われると、ゴルファーはどうしても前傾姿勢にすることを意識してしまうでしょう。

そのため、どうしても過度な前傾姿勢を取ってしまう傾向があります。

でも骨盤が前傾し過ぎてしまい、上半身との傾きが異なるような状態を作るのはよくありません。

このように腰が反り返ってしまうと、身体がスムーズにターンしないばかりか、腰に負担がかかり腰痛などの原因となります。

骨盤の前傾姿勢は、過度に倒し過ぎないように適度な前傾を心がけましょう。

【関連記事】ゴルフで筋肉痛にならないスイングと場所別の痛みの原因・予防法

ゴルフ筋肉痛の正しい場所と初心者に多い間違った痛みの原因と予防法
ゴルフの初心者に多く見られる悩みのひとつが、練習やラウンド後の筋肉痛です。 実は、ゴルフにともなう筋肉痛には「良い筋肉痛」と「悪い筋肉痛」があることをご存知でしょうか。良い筋肉痛とは正しいスイングや動きによって負荷がかかっている場所で...

 ゴルフは骨盤を立てる姿勢で

では、前傾し過ぎずに骨盤を正しく回転させるための前傾姿勢とはどのようにすればいいのでしょうか。

日本人の骨盤は後傾気味であるとも言われます。

また反対に、先ほど紹介したように前傾し過ぎてもスムーズに回転ができないのです。

そこで適度な骨盤の前傾姿勢は骨盤を立てるようなイメージを持ってください。

そうすれば骨盤が適度に前傾して左右にスムーズな旋回ができます。

では具体的に骨盤を前傾した状態で立たせるにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、真っ直ぐに立ち、ベルトの位置の両サイドに手をつきます。

そして、手を真下に押し付けるように膝を曲げ、骨盤が下を向くように前傾させましょう。

ベルトを真下に押し付けながらお辞儀をするような姿勢に、これが求める適度な前傾姿勢となります。

ここでのポイントは、真下に力を加えながら腰を落とすことで、骨盤が自然に前傾姿勢を取れることです。

ゴルフスイングの骨盤のと使い方と回転

適度な骨盤の前傾姿勢がとれれば、正しく骨盤が回転する準備はできています。

あとはどのように骨盤を回転させればいいかということですが、骨盤は回転させようとしなくても腰を左右に動かすだけで自然と回るようになっているのです。

テークバックでは右に腰を動かし、ダウンスイングでは左に腰を動かす。

このように単純に腰を左右に動かすだけで問題なく骨盤を回転させることができます。

骨盤が正しく前傾姿勢を取れていると、腰を左右にスライドすれば、骨盤も自然と左右に回転するのです。

ゴルフ スイングは骨盤を回す

<ゴルフスイングで正しい骨盤の動きを解説>

ゴルフスイングは、腕が振られるスイングがスムーズだと言われます。

骨盤が適切な前傾姿勢を取れていると、腰を動かすと骨盤が回転し、それとともにもっと腰が動き、そして腕が順に動き始めるのです。

そのため腕が自然に上がって下りる動作を始めます。

これがゴルフスイングの腰の動かし方であり、骨盤の正しい動きです。

このようなゴルフスイングが、下半身始動のゴルフスイングと呼ばれ、腕のスイングによる骨盤を回すということにもなります。

骨盤を回すための腰の使い方のポイントは、骨盤が正しく前傾姿勢を取れているかです。
正しく前傾姿勢がと取れていたら、体重を右側に移動させて、右後ろ側に腰引くことを起点に骨盤が回転し始めます。

背中を丸めたような前傾姿勢を作ってしまうと、逆に骨盤が起きてしまい骨盤は上手く回転しません。

そのため、骨盤が回転しないので、身体は膝で体を回してゴルフスイングをしようとします。
腕は自然に上げて下ろしてとすることができず、自ら腕を上げたり下げたりする必要があり、スムーズさを欠いてしまいます。

ゴルフは股関節の内旋が重要

ゴルフスイングにおいて骨盤の回転の大切さをご紹介しましたが、股関節の内旋運動もスイングの土台になる動きであり、不可欠な動きになり重要なポイントです。

左右の脚はそれぞれ股関節で骨盤と接しています。

脚を外側に回すと股関節は外旋し、内側に回すと内旋しますが、骨盤を回すことでも股関節は脚の位置を変えずに内旋外旋をするのです。

そのため骨盤が回転すると、脚を動かしていなくても股関節によって回旋運動が生まれるのです。

ゴルフでは脚を固定して、それを股関節を基点に骨盤の方が回る回旋を使います。
このように骨盤の回転とともに、股関節の内旋運動によって左右の脚で地面を蹴る
動き

大きなパワーが生まれ、飛距離アップが期待できます。

この股関節の内旋運動を身に付けると、下半身から大きなパワーを得られるだけでなく、ゴルフスイングも安定してショットの上達にも繋がります。

「ゴルフで骨盤に痛み」原因と対策

ゴルフスイングで腰から骨盤にかけての痛み、特に腰痛の原因と対策について見ていきましょう。

ゴルフスイングは一連の動作で行うので、アドレス姿勢が正しくないと筋肉がスムーズに動かず、腰痛の原因となります。

また、ゴルフスイングのトップの切り返しで力みすぎている場合も痛めてしまう原因です。

力み過ぎると、筋肉は硬直し、軸が崩れてしまい腰痛が起こってしまいます。

腹筋を意識できると腰痛の軽減に効果的、そして硬くなってしまった腰背部の筋肉を柔らかくすることでも痛みの軽減になります。

具体的には、骨盤周辺のストレッチが効果的です。

筋肉をリラックスさせて、しっかりと伸ばすことで緊張が解け、骨盤が動くことによって負担を少なくできます。

ゴルフ腰痛対策 骨盤ストレッチ

腰から骨盤の痛み対策のためのストレッチをご紹介します。

・骨盤の前後運動

バランスボールに座った姿勢のままで肩の高さを変えずに、骨盤を前傾と後傾を前後に10回行います。

・骨盤の横運動

バランスボールに座った姿勢のままで肩の高さを変えずに、骨盤を右へ・左へと並行移動しながら交互に動かします。
骨盤周囲を柔らかく動かすイメージで10回行います。

・骨盤の回旋運動

バランスボールに座った姿勢のままで肩の高さを変えずに、骨盤を右回し・左回しと交互に回します。
骨盤で大きな円を描く意識で、10回交互に回します。

・腰から背中にかけての伸ばし

バランスボールに座り、上を見ながら背中をゆっくり反らせていきます。
腹筋に意識を置いて、ボールに身を任せるようにして身体全体を反っていきます。
呼吸を止めずに自然体の呼吸で行いましょう。

・体側の伸ばし

脇にボールを抱えるようにして身体を横にして体側を伸ばします。
全身の力を抜いてゆっくり吐きながらボールの丸みに沿って伸ばします。

ストレッチの継続で、アドレス時の腹筋の意識ができ、安定したゴルフスイングが可能になります。

まとめ

飛距離アップを目指すゴルファーにとっては、腰を使って骨盤を回してスイングスピードをあげることで飛距離アップをめざすことを意識していると思います。

飛距離アップを目指すためには、ゴルフスイングをスムーズに行えるように骨盤の回転が重要なポイントになります。

ただ骨盤自体を回転させるのではなく、骨盤を正しく前傾姿勢をさせることができれば、腰の体重移動がスムーズにでき、骨盤を速く回転させることが可能です。

そのためには、腰から骨盤を痛めないように、ストレッチで筋肉などのケアをすることも大切になります。

飛距離アップを手に入れるために、正しい姿勢や骨盤の使い方をマスターしましょう。

「ゴルフをやっている人で、腰が悪くない人はいない!」
腰痛で悩んでいるゴルファーの方に整体の先生が作った『ゴルフ用整体パンツ』NEW ZEROはおすすめです。
小林篤史 著書

「着用時に腰の負担を防止し、姿勢を正すための尾骨方向に締める構造」が特許で認められています。(特許第6902388号)『特許取得』
 「着用時に腰の負担を防止し、姿勢を正すための尾骨方向に締める構造」が特許で認められています。

『ALBA』『週刊ゴルフダイジェスト』などの有名ゴルフ雑誌にも注目のゴルフ用インナーとして取り上げていただきました。
ゴルフ雑誌『ALBA』
『ALBA』822号 掲載

週刊ゴルフダイジェスト
(週刊ゴルフダイジェスト 2021年6月29日号掲載)

整体パンツZERO・ゴルフボタン

南プロも愛用、腰痛で悩むゴルファーの方に
南プロも愛用、腰痛で悩むゴルファーの方に

猫背・骨盤治療の専門家が作った整体パンツZERO
整体パンツZERO・ゴルフボタン

タイトルとURLをコピーしました