ゴルフは骨盤を立てる!スイングの飛びは骨盤の回転と使い方から!

ゴルフスイングは骨盤の回転と使い方

この記事の内容

  1. ゴルフで飛距離を出すには骨盤が重要
  2. ゴルフにおける骨盤の回転と使い方
  3. アドレスでの前傾姿勢は骨盤の立て方がポイント

ゴルファーなら多くの人が、飛距離アップを考えるのではないでしょうか?

そんなゴルファーの耳に届くのが「腰を使って骨盤を回してスイングスピードをあげることで飛距離アップをめざす」というもの。

ゴルフ腰痛対策は骨盤がポイント!コルセットやサポーターより断然動きやすい!
プロゴルファーコーチも着用おすすめのパンツ! 『整体パンツNEW ZERO for golf』

しかし

  • どのように骨盤を使えばいいのか
  • 骨盤を立てるとは具体的にどういうこと
  • 骨盤を回すこととゴルフスイングの関係性など

わからないことも多々あると思います。

そこで、飛距離アップのための腰と骨盤を使った正しいゴルフスイングについてご紹介します。

目次
ゴルフで腰に負担のないスイングを支援する整体パンツNEW ZERO⇒ゴルフで腰が楽になる!骨盤矯正パンツ口コミ『整体パンツNEW ZERO for Golf』

ゴルフは骨盤の回転を速くすることで飛距離アップ

骨盤の回転とより遠くへボールが飛ぶことの関係について見ていきます。

まずは骨盤の使い方について理解しましょう。

骨盤をスムーズに素早く回転させることができれば、飛距離アップすることが可能です。

腰の体重移動

骨盤の回転をスムーズにかつスピードをあげるためには腰の体重移動がポイントになります。

ゴルフスイングでは、腰を使って右へ体重移動をはじめ、トップの位置で右足に体重が移り、フィニッシュでは左足に体重が乗っていることが理想的なフォームになります。

このように腰を左右に体重移動することによって、骨盤を速く回転させる土台が出来ます。

骨盤を回す

さらに腰の体重移動の時に骨盤をコンパスで円を描くように回転させることでスイングのスピードが上がります。

膝を少し曲げて正面を向くように構え、左腰を中心にしてコンパスのように右腰を背後に回すことが骨盤を速く回転させるポイントです。

腰の左右への体重移動と骨盤の回転の連動から飛距離アップにつながるスイングスピードとパワーを生み出すのです。

ゴルフの姿勢と骨盤

腰の体重移動で骨盤を回転させて飛距離アップさせることについて紹介しました。

ではどのような姿勢をとることが骨盤を回転させやすいのでしょうか。

腰の体重移動で骨盤を回転させるには、骨盤の傾きがポイントになります。

体重移動と言われるとスウェーしてしまうかもと考えそうですが、骨盤が前傾していると腰を左右に動かすだけで骨盤を簡単に回すことが可能です。

骨盤が前傾すると股関節に体重が乗り、腰椎と骨盤が回転しやすくなります。

骨盤が旋回しない骨盤前傾姿勢はNG

骨盤を回転させるためには骨盤の前傾姿勢がポイントだと紹介しました。

ただ、骨盤が前傾していればいいということでもありません。

骨盤が前傾姿勢になっていても上手く骨盤を回転させられない姿勢もありますので注意が必要です。もありますので注意が必要です。
骨盤を前傾させることによって、スムーズなゴルフスイングと飛距離アップが手に入ると言われると、ゴルファーはどうしても前傾姿勢にすることを意識してしまうでしょう。

そのため、どうしても過度な前傾姿勢を取ってしまう傾向があります。

でも骨盤が前傾し過ぎてしまい、上半身との傾きが異なるような状態を作るのはよくありません。

このように腰が反り返ってしまうと、身体がスムーズにターンしないばかりか、腰に負担がかかり腰痛などの原因となります。

骨盤の前傾姿勢は、過度に倒し過ぎないように適度な前傾を心がけましょう。

つらい腰の痛み【ゴルフ腰痛対策】はこちら>>>

【関連記事】ゴルフで筋肉痛にならないスイングと場所別の痛みの原因・予防法

あわせて読みたい
ゴルフ筋肉痛 初心者に多い間違った痛みの原因と対処方法 この記事の内容 ゴルフで初心者に多い悪い筋肉痛の場所はどこ ゴルフで悪い筋肉痛を起こさないためのスイングとフォーム改善 筋肉痛を早く治しゴルフのパフォーマンスを...

 ゴルフは骨盤を立てる姿勢で

では、前傾し過ぎずに骨盤を正しく回転させるための前傾姿勢とはどのようにすればいいのでしょうか。

日本人の骨盤は後傾気味であるとも言われます。

また反対に、先ほど紹介したように前傾し過ぎてもスムーズに回転ができないのです。

そこで適度な骨盤の前傾姿勢は骨盤を立てるようなイメージを持ってください。

そうすれば骨盤が適度に前傾して左右にスムーズな旋回ができます。

では具体的に骨盤を前傾した状態で立たせるにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、真っ直ぐに立ち、ベルトの位置の両サイドに手をつきます。

そして、手を真下に押し付けるように膝を曲げ、骨盤が下を向くように前傾させましょう。

ベルトを真下に押し付けながらお辞儀をするような姿勢に、これが求める適度な前傾姿勢となります。

ここでのポイントは、真下に力を加えながら腰を落とすことで、骨盤が自然に前傾姿勢を取れることです。


「ゴルフで骨盤を立てる!」NEW ZERO for golefと整体ショーツSportsが正しい骨盤の位置をサポートします。スイングが楽々 飛びも違う!腰の痛みからの解放も

ゴルフスイングの骨盤のと使い方と回転

適度な骨盤の前傾姿勢がとれれば、正しく骨盤が回転する準備はできています。

あとはどのように骨盤を回転させればいいかということですが、骨盤は回転させようとしなくても腰を左右に動かすだけで自然と回るようになっているのです。

テークバックでは右に腰を動かし、ダウンスイングでは左に腰を動かす。

このように単純に腰を左右に動かすだけで問題なく骨盤を回転させることができます。

骨盤が正しく前傾姿勢を取れていると、腰を左右にスライドすれば、骨盤も自然と左右に回転するのです。

ゴルフ スイングは骨盤を回す

<ゴルフスイングで正しい骨盤の動きを解説>

ゴルフスイングは、腕が振られるスイングがスムーズだと言われます。

骨盤が適切な前傾姿勢を取れていると、腰を動かすと骨盤が回転し、それとともにもっと腰が動き、そして腕が順に動き始めるのです。

そのため腕が自然に上がって下りる動作を始めます。

これがゴルフスイングの腰の動かし方であり、骨盤の正しい動きです。

このようなゴルフスイングが、下半身始動のゴルフスイングと呼ばれ、腕のスイングによる骨盤を回すということにもなります。

骨盤を回すための腰の使い方のポイントは、骨盤が正しく前傾姿勢を取れているかです。
正しく前傾姿勢がと取れていたら、体重を右側に移動させて、右後ろ側に腰引くことを起点に骨盤が回転し始めます。

背中を丸めたような前傾姿勢を作ってしまうと、逆に骨盤が起きてしまい骨盤は上手く回転しません。

そのため、骨盤が回転しないので、身体は膝で体を回してゴルフスイングをしようとします。
腕は自然に上げて下ろしてとすることができず、自ら腕を上げたり下げたりする必要があり、スムーズさを欠いてしまいます。

ゴルフは股関節の内旋が重要

ゴルフスイングにおいて骨盤の回転の大切さをご紹介しましたが、股関節の内旋運動もスイングの土台になる動きであり、不可欠な動きになり重要なポイントです。

左右の脚はそれぞれ股関節で骨盤と接しています。

脚を外側に回すと股関節は外旋し、内側に回すと内旋しますが、骨盤を回すことでも股関節は脚の位置を変えずに内旋外旋をするのです。

そのため骨盤が回転すると、脚を動かしていなくても股関節によって回旋運動が生まれるのです。

ゴルフでは脚を固定して、それを股関節を基点に骨盤の方が回る回旋を使います。
このように骨盤の回転とともに、股関節の内旋運動によって左右の脚で地面を蹴る
動き

大きなパワーが生まれ、飛距離アップが期待できます。

この股関節の内旋運動を身に付けると、下半身から大きなパワーを得られるだけでなく、ゴルフスイングも安定してショットの上達にも繋がります。

まとめ

飛距離アップを目指すゴルファーにとっては、腰を使って骨盤を回してスイングスピードをあげることで飛距離アップをめざすことを意識していると思います。

飛距離アップを目指すためには、ゴルフスイングをスムーズに行えるように骨盤の回転が重要なポイントになります。

ただ骨盤自体を回転させるのではなく、骨盤を正しく前傾姿勢をさせることができれば、腰の体重移動がスムーズにでき、骨盤を速く回転させることが可能です。

そのためには、腰から骨盤を痛めないように、ストレッチで筋肉などのケアをすることも大切になります。

飛距離アップを手に入れるために、正しい姿勢や骨盤の使い方をマスターしましょう。

  • ゴルフで骨盤をしっかりサポート
  • 腰痛を楽に、ゴルフのパフォーマンスを向上する
整体パンツNEW ZERO for golf 整体ショーツSPORTS
ゴルフ2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次