腰痛や「ぎっくり腰」を早く治す食べ物 コンビニ食では何がいい? | ZERO

腰痛や「ぎっくり腰」を早く治す食べ物 コンビニ食では何がいい?

ギックリ腰や腰痛を治す食べ物05 腰痛・腰

1. 腰痛やぎっくりリ腰に効く栄養素
2. 腰痛や「ぎっくり腰」を早く治す食べ物
3. 腰痛を改善するコンビニ食は

慢性的な腰痛や「ぎっくり腰」がいつまで経っても治らない
そんな悩みの方は多いと思います。

ところで栄養不良が腰痛の原因になりうることをご存知でしょうか?
腰痛には様々な原因がありますが、治療や回復の過程で
骨や筋肉を作る栄養素や血流を改善する栄養素が不足するとなかなか治らない、回復が遅れる
といった現象が起こりやすくなります。

こちらの記事ではぎっくり腰が長引く方や慢性的な腰痛にお悩みの方に
早く治すための食べ物をご紹介しています。

外食中心の方や時間のない人にもおすすめコンビニ食もご紹介しますので是非参考にしてみてください。

腰痛の原因

腰痛の原因は様々です。

「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」など腰椎の障害からくる痛みや、運動不足、日常の悪い姿勢などがからくる「慢性的な腰痛」、そして「ぎっくり腰」のように突然起こるものまであります。

また腰痛の原因は癌や内蔵などの別の疾患も考えられるます。
まずは正しい診断を受けて原因にあった治療法を受けることが大切です。

治療をしてゆく過程において腰痛を早く治すには、
損傷された骨や筋繊維などの修復や血流を改善することがポイントとなります。

なので、様々な腰痛を治す過程において血流れ改善、骨や筋肉を強くする栄養を十分に摂ることも忘れてはなりません。

骨を強くする栄養素

腰痛を早く治すためには腰を作っている骨や腰椎の損傷を修復して支える筋肉を丈夫な状態に保つことが必要です。

骨を強くするにはカルシウム、マグネシウム、ビタミンDなどの栄養素が必要です。

マグネシウムはカルシウムとともに骨を作る働きがあります。

カルシウムは加齢と共に吸収率が低下してしまいますが、ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける作用がありますので骨を作るのに重要な栄養疎なのです。

また、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類は、腰椎のまわりの筋肉や神経の機能を正常に保つ栄養素なので腰痛の改善には欠かせないものです。

  • カルシウムを多く含む食べ物

干し海老 煮干し 牛乳、チーズ、ごまなど
また干し海老には軟骨の再生に作用するグルコサミンも豊富なのでひどい腰痛や関節痛の方にはおすすめです。

  • マグネシウムを多く含む食べ物

バナナには多くのマグネシウムとカリウムが含まれていて骨を作ると同時に硬くなった筋肉を柔軟 にする効果もあります。

  • ビタミンDを多く含む食べ物

ビタミンDは骨粗鬆症の対策として注目されている栄養素です。ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を促進し丈夫な骨を作る作用があります。

ビタミンDを多く含む食材は、しらす干し 紅鮭  いわし うなぎ などの魚類で、肉類や卵類、乳製品や干し椎茸や舞茸などのきのこ類にも含まれています。

  • コンドロイチン

牡蠣(カキ)に含まれるコンドロイチンは軟骨のすり減りを抑制し生成する栄養素です。腰や腰椎などの関節を損傷している場合。コンドロイチンを多く含む食材には牡蠣(カキ)や山芋があります。

血流を改善する栄養素

腰痛の原因には、運動不足や長時間同じ姿勢でいること、肥満、冷え症などもあります。
これらが原因で筋肉が固くなり血流がわるくなることで腰痛が慢性化してしまいます。

慢性的な腰痛には血流を改善するビタミンEやDHA・EPA
ストレスや疲労回復に効果のあるビタミンB群、ビタミンCをとって血流の改善をするのは効果的で。

  • ビタミンE

ビタミンEはまさに慢性的な腰痛の原因となる血液の流れの改善や筋肉の緊張を和らげる働きがあります。また腰痛の辛い痛みを和らげてくれる効果も期待できます。

ビタミンEを多く含む食材は以下のようなものがあります。
アーモンド、抹茶、唐辛子など

  • DHAやEPA

DHAやEPAは血液をサラサラにしてくれる作用があり血流を改善してくれますので腰痛には効果的な栄養素です。
青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれています。
DHAやEPA体内で合成出来ない栄養素なので青魚を食べる、サプリメントで摂るなど意識したいものです。

DHAやEPAを多く含む食材
イワシ・アジ・サバ・サンマなどの青魚

  • ビタミンB12

ビタミンB12には、末梢神経の傷を修復する作用がありますので腰痛・坐骨神経痛の改善や疲労回復にには有効な栄養素です。

ビタミンB12を含む食べ物には以下のようなものがあります。

いわし、サンマなどの青魚、あさり、鶏レバー、たらこなど

  • ビタミンB1

ビタミンB1には疲労回復の効果があり仕事疲れや運動の疲労を回復させ腰痛の予防効果が期待できます。

ビタミンB1を多く含む食べ物には豆腐、豚肉、ウナギなどがあります。

ぎっくり腰や腰痛を早く治すのにおすすめの食品

ぎっくり腰や腰痛を早く治すのにおすすめの食品としては
乳製品や小魚、干し海老や干しひじきなどはカルシウムなどのミネラルが豊富な食品がおすすめです。

腰痛に良いコンビニ食材

仕事が忙しく外食が多い方はコンビニ食材で腰痛に良い食材を摂りましょう。

しらす+豆腐

しらすのタンパク源は消化に負担が少なくカルシウムが豊富な食材です。
豆腐は筋肉の質を高める植物性の良質なタンパク質と血流を改善し疲労回復に効果のあるビタミンB1も豊富です。
コンビニ食材の豆腐にしらすを載せるとバランスよくカルシウムやタンパク質、ビタミンB1を摂ることができます。

酢の物

きゅうりやワカメなどのパックの酢の物には多くのアミノ酸が含まれています。
体内のカルシウムを増やして骨を形成するにはアミノ酸が欠かせません。酢の物はコンビニでも簡単に買えるお惣菜なので昼食や夕食に一品添えるのがおすすめです。

乳製品

牛乳やチーズなどの乳製品はコンビニでも簡単に買える商品です。カルシウムが豊富なのでおすすめです。

知っておきたい腰痛を悪化させる食べ物

腰痛を緩和改善する食物を上げてきましたが、腰痛を悪化させる食べ物もあることを知っておきましょう。

糖分は腰痛に良くないことをご存知ですか?

糖は摂りすぎるとタンパク質と結合して、AGEという老化物質に変化します。このAGEは筋肉を固くしてしまったり骨に溜まると骨粗鬆症を引き起こす原因にもなります。

なので腰痛がひどいときにはスイーツ類、麺類、白米、パン類などは控え目にしておくのが良いでしょう。

寝るときもOKコルセットより楽々【はく腰サポーター】

480猫背『腰の悩みに』詳しくはこちら

まとめ

栄養素の偏りを正すことは腰痛の改善のみならす健康的な生活において非常に大切なことです。
なにかと我々のまわりには糖類など腰痛に良くない食品が溢れています。

糖類もバランスよくとることが大切です。

腰痛に効果のあるカルシウムやビタミン類やミネラルなどは普段の食生活で不足がちになる栄養なのでとくに意識して摂るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました