坐骨神経痛における温泉の効果とは?注意点についても解説 | ZERO

坐骨神経痛における温泉の効果とは?注意点についても解説

坐骨神経痛における温泉の効果05 腰痛・腰
  1. 坐骨神経痛における温泉と入浴効果とは?
  2. 坐骨神経痛に 効く温泉の泉質
  3. 坐骨神経痛 温泉に入る時の注意

坐骨神経痛になったらどうしたらいいのでしょうか?

坐骨神経痛は様々な治療法や治し方の手法がありますが
「腰とお尻が痛い」「太ももがしびれる」
など腰痛や痺れの症状の改善や治療の効果を高めるため温泉は有効だといわれています。

温泉の看板には「腰痛・関節痛・神経痛」など「温泉の効能」が書かれているように
温泉には泉質ごとにさまざまな成分が含まれていて効能の特徴があります。

坐骨神経痛を温泉で緩和したい方におすすめの温泉とお風呂入浴方法をご紹介します。

1 坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は病名ではなく神経痛を刺激したり圧迫したりした結果起こる症状です。

坐骨神経痛になると
腰やお尻から太ももやふくらはぎの後面や外側痛の痛みが起こります。

坐骨神経の痛みや痺れの症状の総称を坐骨神経痛と呼ぶのです。

1-2 坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛が起こる原因は腰から足に伸びる坐骨神経が何らかの原因で圧迫されて起こります。

では何が坐骨神経を刺激するのでしょうか?

主な原因は2つあります。

1つは椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの疾患から坐骨神経が刺激や圧迫を受けるケース。もうひとつは、原因は不明ですが坐骨神経の周りの筋肉が固くなり、坐骨神経を刺激するケース。

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など原因がわかっている場合はそれらを治療すれば腰や脚に痛みや痺れという坐骨神経痛の症状が改善されます。

しかし、原因がわからない場合
治療法が見つからないため運動療法やマッサージなどで筋肉を柔らかくして血流を改善する方法が取られます。

2 坐骨神経痛における温泉と入浴効果とは?

そういった意味では温泉やお風呂で腰を温めることは坐骨神経痛に効果的です。

温泉の入浴効果には以下の2つがあります。

  1. 一般的適応症
  2. 泉質別適応症

入浴には体を温めて血流を改善する効果やお湯の浮力で足腰への体重お負荷を軽減する効果があります。
これらは一般的適応症とよばれる効果といわれます。

それに加えて温泉には泉質別適応症という成分による効能があります。

それでは坐骨神経痛の改善という視点から、この2つの効果について見てゆきましょう。

2-1 一般的適応症25℃以上のお湯での効果

一般的適応症とは25℃以上のお湯に浸かったときの効果をよびます。
体を温めることにる血液の循環を良くして

  • 打撲の怪我や神経痛を緩和する
  •  神経痛の症状緩和
  • ストレスや睡眠向上
  • 浮力で体重による足腰の負担を軽減する

一般的適応症の効果は家庭でのお風呂の入浴効果と考えてもらうといいでしょう。

2-1 泉質別適応症

温泉には一般的適応症の効果に加えて温泉の泉質に含まれる成分の効能から泉質別適応症という効果があります。

温泉は神経痛にいいといわれている理由が
この泉質別適応症にあたるところです。

温泉は体を温める効果とこの泉質に含まれる成分の効能から
血液循環を促し

  • 痛み軽減
  • しびれ改善
    などの坐骨神経痛の症状を緩和します。

2-1 坐骨神経痛の湯治は早く治すには効果的

ただし温泉への入浴が神経痛を治すわけではありません。症状の改善、緩和に効果的ということなのです。なので温泉やお風呂に入浴しながら運動療法などを併用することで坐骨神経痛を早く治すことが可能になってくるのです。

3 温泉の効果と泉質

それでは坐骨神経痛に効果的な温泉の泉質はなんなのでしょうか。
温泉の泉質ごとに含まれる成分とその効能を見てゆきましょう。

3-1 単純泉

単純泉は保有成分少ない泉質のことを呼びます。
低刺激で肌が弱い人にも問題なく入れる温泉です。
家庭のお風呂に近い泉質と考えてもらうといいでしょう。

3-2 塩化物泉

塩化物泉は塩分が含まれた温泉です。
泉質はなめらか低刺激ですので単純泉同様肌の弱い方にも向いています。
また保温性と殺菌能力が高いので冷え性や切り傷などの治癒などにおすすめの温泉です。

神経痛の軽減・緩和の効能もあるので坐骨神経痛の症状緩和にもおすすめの泉質です。

3-3 炭酸水素塩泉

全国各地にある美肌の湯というのはこの炭酸水素塩泉です。
含まれる成分で汗を放出し毛穴を開く効果から角質や毛穴の汚れを排出してくれる効果があります。

3-4 硫酸塩泉

硫酸塩泉は
単純泉+塩化物泉の効能 汗の放出の機能が高いため逆に保湿に難があります。
硫酸塩泉の入浴には水分の補給を忘れないようにしましょう。

3-5 放射能泉

人体に影響のない放射能であるラドンやラジウムを含む泉質です。
ラドン温泉ラジウム温泉などと呼ばれています。
脊椎・脊髄の炎症や痛風、高血圧の改善に向いており坐骨神経痛の緩和には大きく期待できます。

※【放射能泉の泉質の定義】
温泉水1kg中にラドンを3ナノキュリー( = 8.25マッヘ単位 = 111ベクレル)以上含有

4 坐骨神経痛に有効な温泉成分

前述したように坐骨神経痛に有効な泉質はラドンやラジウムを含む放射能泉です。

家庭のお風呂でも症状を軽減することは可能ですが
ラドンやラジウムを含む泉質は脊髄の炎症を抑える効果があり
坐骨神経痛の痛みや痺れも温泉に浸かることで軽減する効能があります。

※坐骨神経痛の痛みや痺れの軽減や緩和の効果は個人ごとに異なります。

4-1 坐骨神経痛に効果が期待できる温泉 放射能泉

東京近郊ラジウム・ラドン温泉のある旅館

1. 榛名の湯 ドーミーイン高崎
群馬県高崎市あら町55-1

2. 旅の宿 浜よし
千葉県夷隅郡御宿町岩和田716-8

3. フォレストリゾート ホテル城山
神奈川県足柄下郡湯河原町城堀207

4. ホテル 美玉の湯
栃木県那須郡那珂川町小砂3102

など 参考出展)
https://travel.biglobe.ne.jp/onsen/selection/radium/r03/

4-2坐骨神経痛にに 効く市販の入浴剤

また、温泉に行けない人も家庭のお風呂に温泉の成分を入れることでより効果を高めることができます。市販で様々な入浴剤がありますのでお好みに合わせて選んでみましょう。

5 坐骨神経痛やってはいけないこと

温泉に入る時の注意点
坐骨神経痛の方でお風呂や温泉に入る時の注意点があります。

お風呂や温泉に入って腰がと痛い場合

筋肉や神経が炎症を起こしている場合があります。
坐骨神経痛に限らず、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど筋肉や神経が炎症を起こしている場合
患部を温めることで血流が良くなり炎症を悪化させてしまうことがあります。

坐骨神経痛も含めぎっくり腰や椎間板ヘルニアの初期症状はこのような炎症を起こしている場合があります坐骨神経痛で痛みや痺れ患部が腫れほかにも熱を帯びている場合は温泉に入らないようにしてください。

6 岩盤浴やサウナ

岩盤浴やサウナも体を温めることから坐骨神経痛の緩和には効果があります。

ただし、温泉のように成分が無いので温熱効果しか得られないため温泉より効果低いと考えてください。
効率的に血液循環を良くするにはサウナや岩盤浴の後の水風呂が効果的です。

温めることと冷やすことを交互に行うことで「体温の変化」から効果的に血液循環を促します。
(※水風呂は血圧の上下が激しいので高血圧や心臓病の方は控えましょう)

温泉やお風呂と同じく坐骨神経痛で熱 腫れがある場合は岩盤浴やサウナで温める事によって症状が悪化しますのでこれもNGです。

7 坐骨神経痛 温める グッズ

温泉やお風呂岩盤浴サウナなどで効果があるように坐骨神経痛は炎症時期を除くと温めて血液の循環を良くすることで症状の緩和ができます。

坐骨神経痛の症状が辛いとにに腰を温めるグッズをご紹介します。冬の寒いときなども腰を温めるのにおすすめです。

7-1  カイロ

カイロなども冬は重宝します。使い捨てカイロをカバンやバッグの中に入れておくといざというときに便利です。

7-2  腰 を 温める サポーター

サポーターの中には腰を温める効果のあるものもあります。

坐骨 神経痛 ふくらはぎ サポーター
寝るときもOKコルセットより楽々【はく腰サポーター】

480猫背『腰の悩みに』詳しくはこちら

まとめ

温泉や入浴は温める効果や泉質の効能から坐骨神経痛の症状を抑えることに期待できます。

成分の違いから坐骨神経痛に特に効果のある温泉の泉質は

  • 塩分を含む塩化物泉
  • ラドンやラジウムなどの成分を含む放射能泉

ただし温泉や入浴はあくまでも坐骨神経痛の症状を緩和するのみなの坐骨神経痛を治すわけではありません。

坐骨神経痛を治すには運動療法などで筋肉の柔軟性を戻し、坐骨神経を刺激圧迫する要素を改善する。また、筋力を付けて正しい姿勢維持できるようにすることが大切です。

ここにおすすめする整体パンツ、整体ショーツは履いたまま動いたりスポーツしたりもできます。
整体パンツを履くことで骨盤を正しい良いに戻し、日常的にくせになっている悪い姿勢を治し正しい筋肉を付けることで坐骨神経痛の治癒に貢献します。

是非整体パンツ整体ショーツをお試しになってみてください。

公式ページでご購入いただくとお得な7つの特典が付いています。
詳しくはこちらから御覧ください。

タイトルとURLをコピーしました