坐骨神経痛をサプリメント(食べ物)で改善!おすすめのサプリと成分効果を紹介 | ZERO

坐骨神経痛をサプリメント(食べ物)で改善!おすすめのサプリと成分効果を紹介

坐骨神経痛サプリ05 腰痛・腰
1. 坐骨神経痛改善に効果ある食べ物と成分について
2. 坐骨神経痛改善の摂りたいサプリメントの成分効果について
3. 坐骨神経痛におすすめのサプリの選び方

仕事柄デスクワークで長い時間座り続けることが多い、車の運転が多い方、高齢者の方などを悩ますのが腰痛です。

中でも多いのが坐骨神経痛による腰の痛み。

坐骨神経痛になると長時間の座り作業は相当つらいものがあります。

そこで坐骨神経痛による腰痛の緩和や改善策として食事や効果のある成分をサプリメントで摂取することも有効な手段だということをご存知でしょうか。

こちらの記事ではサプリメントと食べ物で坐骨神経痛を改善する方法。
サプリの効果や、坐骨神経痛に効く成分について解説します。

食事やサプリメントで腰痛を改善しましょう。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は病名でなく神経痛の症状のひとつです。

坐骨神経痛の痛みの原因は腰まわりの筋肉やお尻、太ももなどの筋肉が硬くなってしまうことによって虚血という筋肉中の血液が減少することで発生します。

虚血がトリガーになって坐骨神経を刺激して軽い疼痛や炎症を起こして、腰からお尻、太もも、足先などに神経痛が起こります。

腰回りの筋肉が緊張して固くなる原因は主に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰椎疾患からくるものと加齢や運動不足による筋肉の衰えや新陳代謝の低下などからくるものがあります。

坐骨神経痛の治療と改善

原因がわかっている場合、坐骨神経痛を治すには
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などを治療する必要があります。

また上記を含めて坐骨神経痛の直接の原因である筋肉の固まり防ぐようにする必要があります。

坐骨神経痛の痛みのトリガーになる筋肉の固まり防ぎ、筋肉の柔軟性にするには
ストレッチや食事による改善方法があります。

この章のまとめ

坐骨神経痛の原因

1. 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など腰の疾患によるもの
2. 原因不明のもの

坐骨神経痛の痛みは上記いずれかの原因で筋肉が固まってしまうことによって起こる

坐骨神経痛を改善、緩和するには

ストレッチなどで体を動かして筋肉を柔らかくする
筋肉の固まりを防止し疲労を回復する栄養成分を摂る

坐骨神経痛にはサプリメントの摂取がおすすめ

前述したように坐骨神経痛の発症は椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症や原因不明の要因で
筋肉が凝り固まり緊張状態になることから起こります。

筋肉の固まりから神経の圧迫や血流の滞りが起こり

坐骨神経痛にサプリメントが効果的である理由

坐骨神経痛の原因となる
筋肉の固まりを防ぐには普段の食事などで不足している栄養素を補うことが有効です。

食事で摂る栄養の不足を補うにはサプリメントが効果的です。

サプリメントの栄養成分が血流を促進して血流の滞りを改善。
筋肉が硬くなることを防止します、

このことで
神経の圧迫を解消し神経の新陳代謝を促して坐骨神経痛を改善してゆくのです。

また、血流の滞りを改善することで痛みを感じる伝達物質を排出させる効果もあります。

サプリメントとは
サプリメントとは、健康食品に分類される食品で、健康食品もサプリメントも法律上の定義はなく、健康の維持増進のために利用されています
引用)健康長寿ネット
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/supplement.html

参考)健康食品やサプリメントの名称について – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/dl/pamph_healthfood_d.pdf

サプリメントは医薬品ではなく食品に分類されます。

坐骨 神経痛改善する食べ物と成分

坐骨神経痛を改善するサプリや食べ物にはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

坐骨神経痛を改善する栄養成分と食べ物、そしてサプリメントの選び方をご紹介してゆきます。

坐骨神経痛の改善に効果的な栄養素

坐骨神経痛に効果的な食べ物は以下の栄養成分を豊富に持つ食べ物です。

坐骨神経痛を改善 緩和する栄養成分はおもに
「タンパク質」と「ビタミンB群」の2つです。

タンパク質

筋肉や神経の材料となる良質のタンパク質は坐骨神経痛の改善にはなくてはならない栄養成分です。
タンパク質に関してはサプリメントでは摂りにくいので普段の食事で摂ることをおすすめします。

肉や魚、大豆などに含まれるタンパク質を多く摂取し、運動などを併用して筋力の低下を防ぎましょう。

ビタミンB群

ビタミンB群とは主に
ビタミンB1やB2、ナイアシンなどの総称をさします。

ビタミンB群は加齢などで低下してしまう筋肉や神経の新陳代謝を促してくれる働きがあります。

ビタミンB1
水溶性のビタミンでチアミンともよばれます。
糖質を燃やしてエネルギーに変えるはたらきをします。
ビタミンB1が豊富な食材は豚肉が知られています。
その他 うなぎ ごま 大豆 落花生など

ビタミンB1が不足すると
糖質の代謝が滞りエネルギー不足から だるさや疲労感が発生します。

ビタミンB2
糖質、脂質、タンパク質の代謝
特に脂質の代謝主なはたらきをし発育促進に欠かせない栄養素です。
ビタミンB2は豚や牛鶏などのレバー、鰻 カマンベールチーズ 鶏卵な
焼きのり 干し椎茸 アーモンドなどに多く含まれています。

ビタミンB2が不足すると
ビタミンB2には皮膚や粘膜を正常に保つ機能がありますので
口内炎、や皮膚疾患(脂漏性皮膚炎)角膜炎などが起こりやすくなります。

ナイアシン
ナイアシンはビタミンB1B2同様の糖質、脂質、タンパク質のエネルギー代謝に加えて
DNAの修復や合成など様々なはたらきをします。

まいたけ すけとうだら たらこ コーヒー・ココアなどに多く含まれています。
ナイアシンが不足すると消化不良、皮ふの発疹などが起こりやすくなります。

ビタミンEも坐骨神経痛に効果的
ビタミンEは血流を促進して
痛みを感じる神経伝達物質の排出する働きがあります。

ビタミンEも坐骨神経痛に効果的な栄養成分です。

坐骨神経痛におすすめ食事メニュー

坐骨神経痛の改善には生活習慣の改善も考えてまずは、食べることから考えてみましょう。

坐骨神経痛の改善にサプリが有効

仕事が忙しくて外食がちの方には手軽に摂れるサプリメントはおすすめです。
また、高齢者の方に、加齢とともに体内軟骨成分(コンドロイチン)が作れなくなってしまうためサプリメントによるコンドロイチンの補修は有効です。

坐骨 神経痛 ビタミン b12 市販 薬

サプリメント(食べ物)に分類されますが
が※第3類医薬品としても坐骨神経痛改善に有効成分が含まれる市販薬が販売されています。

これらはビタミン剤として坐骨神経うにおすすめです。

※第3類医薬品とは、第1類・第2類医薬品以外の一般用医薬品。
ドリンク剤の「リポビタンDロイヤル」や整腸剤、消化剤などが製品例に挙げられる。

第3類医薬品は、薬剤師もしくは登録販売者から購入できる。一般従事者からの購入も、薬剤師や登録販売者の管理・指導の下であれば可能。ネット販売・通信販売が許可されている一般用医薬品であり、販売時の情報提供に関する法的制限(義務)は存在しない。
引用)https://answers.ten-navi.com/dictionary/cat04/2726/

効果的な成分b12 の市販ビタミン剤

エーザイ ナボリンEB錠

最安値 1,981円 (税込)

ビタミンB群・Eが神経機能をサポート
神経機能をサポートするビタミンB群をバランスよく使ったビタミン剤です。ビタミンB12、B1、B6のほか、血流改善作用があるビタミンEを配合。冷えによる痛みの増強を防ぎ、痛みやしびれを改善します。
分類 第3類医薬品
有効成分
メコバラミン/酢酸d-α-トコフェロール/フルスルチアミン塩酸塩/ピリドキシン塩酸塩
服用/塗布回数 1日3回
サイズ/内容量 45錠(15日分)
薬のタイプ ビタミン剤

ビタミンB12でつらい神経痛を改善

佐藤製薬
ユンケル B12アクティブα
ビタミンB12でつらい神経痛を改善

末梢神経の機能を回復し、つらい痛みやしびれを改善するビタミンB12(メコバラミン)を主成分とした医薬品です。末梢の血行を改善するビタミンEや、軟骨組織の弾力性を維持するコンドロイチンなども配合しています。
分類 第3類医薬品
有効成分 メコバラミン/コンドロイチン硫酸エステルナトリウム/ L-アスパラギン酸マグネシウム・カリウム/ 酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)
服用/塗布回数 1日3回
サイズ/内容量 60錠(10日分)
薬のタイプ ビタミン剤

つらい肩、腰、膝などの関節痛、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労に効く医薬品「アユミンS」【第3類医薬品】 アユミンS しびれ 手足 肩こり 手のしびれ 足のしびれ 神経痛 坐骨神経痛 関節痛 薬 血行不良 眼精疲労 五十肩 筋肉痛 腰痛 痺れ

坐骨神経痛 おすすめサプリ選び方

食事の補助の栄養成分の補給として様々なサプリメントが販売されています。

坐骨神経痛改善のためのサプリの選び方は以下の2つの栄養素が含まれているものを選びましょう。

1. ビタミンB群(ビタミンB1 B2 B6 ナイアシン)が含まれているもの
2. ビタミンEが含まれているもの
3. コンドロイチンを含むもの(高齢の方)

また、タンパク質は量的にもサプリでは摂りにくいため普段の食事で気をつけて摂るように意識しましょう。

サプリや食事と並行してストレッチやウォーキングなどの軽い運動は坐骨神経の原因となる筋肉の固まりを防いでくれるのでくれます。

食事と運動で坐骨神経痛の改善をすすめてゆきましょう。

寝るときもOKコルセットより楽々【はく腰サポーター】

480猫背『腰の悩みに』詳しくはこちら

まとめ

長時間の座り仕事でつらい坐骨神経痛は、筋肉の凝りや固まりによって引き起こされます。

坐骨神経痛の改善には

  • 加齢とともに衰えがちになる筋肉の新陳代謝を促すビタミンB1 B2やビタミンB6
  • 血流を促進し、痛みを緩和してくれるビタミンE
  • 高齢者の方の軟骨成分を補給するコンドロイチン

これらを含んだサプリメント摂取は有効です。

ストレッチなどの運動と並行して坐骨神経痛の改善をすすめてゆきましょう。

タイトルとURLをコピーしました